セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

『人生100年時代をどう生きるか』 葬儀のプロに聞いた人生100年時代の生き方 2018年4月1日(日)発売

投稿日:2018年4月6日 更新日:

日本地域情報振興協会

日本地域情報振興協会 (本部:東京都中央区銀座7-17-1/通称”NiCoA”)は この度、『人生100年時代をどう生きるか』を販売いたしますので お知らせいたします。

News Release 

2018年4月6日 プレスリリース

報道関係各位

 

────────────────────

「人生100年」は現代のキーワード!

『人生100年時代をどう生きるか』

葬儀のプロに聞いた人生100年時代の生き方

2018年4月1日(日)発売

────────────────────

 

平均寿命が延び、日本は人生100年時代に突入しました。

老後をいかに豊かに生きるか?を考える時代です。

NiCoAでは、住みたい街・世界第7位の福岡エリアで葬儀実績№1の冠婚葬祭業

「ラック」に注目しました。

同社は、昨年創業50周年を迎え、葬儀取扱い件数年間3300件の経験から、

後悔しない幸せな葬儀のためには、楽しく充実した毎日を送ることが重要である、と提言します。

具体的な取り組み内容について取材をした人生100年時代のガイドブックが完成いたしました。

 

『笑顔で見送られたい 人生100年時代をどう生きるか』

発売日:4月1日

定価:800円(税別)

判型:B5判 100ページ

発行所:日本地域情報振興協会

 

【主なコンテンツ】

・死を前に「後悔」しないための13ヵ条

・葬儀を考える前に、「楽しく生きる」を実践する

・葬儀のすべては、残された者のためにある

・ラック社長 柴山文夫 インタビュー

・マンガで学ぶ!死後の世界

・知って得する葬儀のイロハ

・総計100名様に当たる!読者プレゼント

 

【主な販売先】

・Amazonからご購入いただけます。

--------------------------------------------------

<本件に関するお問合せ先はこちら>

日本地域情報振興協会 事務局 広報担当

TEL:03-6734-5515 E-mail:info@nicoanet.jp

--------------------------------------------------

※本リリースに掲載されている内容は、2018年4月5日現在の情報です。

ValuePress!より転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.