サービス 葬祭ニュース

長野県内初!!火葬場提携「ゼロ葬プラン」の提供を開始!

投稿日:2018年7月18日 更新日:

つばさ公益社

ゼロ葬とは、宗教学者の島田裕巳氏が2014年に出した著書「0葬 あっさり死ぬ」(集英社)の中で提起した葬法です。具体的には火葬した遺骨を受け取らないまま火葬場を後にする、つまり“何も持ち帰らない”という意味でのゼロ葬となります。警察、自治体などのニーズを受けて、地域にさきがけて提供を開始いたします。対応エリアはまず長野県東信エリア(佐久市、小諸市、北佐久郡、南佐久郡)としてスタートします。

遺骨を持ち帰らない選択

遺骨を持ち帰らない選択

 

■増えゆく引き取り手不在の遺骨たち
Q.何故引き取り手が居ない?
A.身寄りが無く、喪主・遺族が不在
A.故意に駅などに忘れていくなど

▶▶少子化、離婚率・未婚率の増加、お墓の後継者問題など様々な要因
▶▶近年「家族」の形が変化・・・「墓」を代々守ってきた「家」が少子化などにより継続が困難に。 墓守の消滅。

■提供プラン
▶全骨委託プラン ¥128,000 ……総額直葬プラン+火葬後の全ての遺骨を火葬場へ委託(火葬料金以外の追加料金ゼロ)※同意書への署名押印が必要
▶分骨プラン ¥148,000 ……総額直葬プラン+遺骨の一部のみ専用容器にて持ち帰るプラン。※同意書への署名押印が必要

※供養→手元供養、散骨、墓所・納骨堂などへの納骨
※火葬場に残した遺骨は全て合祀供養されます

■ゼロ葬のメリット・デメリット
▶メリット……安価、準備、日程すべて最小限。
▶デメリット……一度合意書に署名し、火葬場に託した後は撤回が不可能であること
※家族・親族との話し合い、意思の確認が必須

【つばさ公益社について】  2017年4月墓じまい専業で創業。2018年12月つばさホール営業開始。
〒385-0009 長野県佐久市小田井906 つばさ公益社
webサイト http://so-gi.com/ TEL 050-5306-0305 FAX 03-6869-9368

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.