葬具・商品 葬祭ニュース

''Rion&Rings7月1日より新デザインのネックレスのリリースと手書きの手紙''

投稿日:

〜心温まる直筆の手紙〜

My Art

My Art
(本社:広島市 代表取締役:⻘山裕馬)は遺骨ジュエリーブランド
Rion&Rings(リオンアンドリングス)を運営。

◆2019年7月1日より
新デザインネックレスのリリース開始◆

以前よりリングの製作をさせていただき
たくさんのお問い合わせをいただいております。
そしてついにRion&Ringsデザインのネックレスの販売をスタートさせていただきました。
シンプルで品のあるデザイン。

 

 

 

 

イエローゴールド18K/ホワイトゴールド18K/ピンクゴールド18K/プラチナPt900
で製作できます。

◆Rion&Ringsとお客様との絆◆
大切な人が亡くなるのはとてつもなく悲しいことです。
前を向けない時もあり、
立ち上がれないこともあります。

大切な人を火葬して全てお別れするのもすごく寂しい。

Rion&Ringsはわずかお米一粒ほどの量のご遺骨を指輪やネックレスに入れて
肌身離さずつけることができるジュエリーブランドです。
 

 

立ち上げて約1年ですが、
大きな反響、お問い合わせ、製作のご依頼を多数いただいております。

その中でも弊社は完成したリング等をご依頼者様にお送りする時に、
一通一通直筆で手紙を書いてお送りしてます。

ご依頼者様とのやりとりの中で様々な背景をお聞きすることがあります。

母が亡くなりました。
主人が亡くなりました。
子どもが亡くなりました。
婚約者が亡くなりました。

さらにご依頼者様には色々な想いがあります。
私自身、8年前に息子を腕で抱きながら息を引き取ったという経験があるからこそ悲しみがわかります。

Rion&Ringsではただリングなどを製作してお送りするだけはしません。

手書きの手紙でご依頼者様の心が少しでも安らいだり、心温まることができたらいいなとそんな想いで一枚一枚書いてます。

一生つけることができるリングやネックレスと共に手紙も一生物になってくれることを願っています。
 

 

◆Rion&Rings:ホームページ◆
https://www.a-myart.com

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-葬具・商品, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.