フューネラルビジネスフェア2019

フューネラルビジネスフェア2019 出展企業紹介 マックス㈱

投稿日:


フューネラルビジネスフェア2019でブース出展されている企業様へ、FBF初日の6月17日葬研編集部がインタビュー実施しました。写真でブースや社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商材

生花札、樒(しきみ)、供物札、行灯、歓迎看板など、各種セレモニーの表示物を、手書きをしのぐ味わい深い筆文字で素早く美しく仕上げることができる「筆耕システム」、賞状やハガキへの名入れなど、格調高い筆文字で作成できる「筆耕ソフト」の製造販売。

フューネラルビジネスフェア2019で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

「筆耕システム」の新商品は、透明なシールに感熱印刷する技術を新たに採用しています。従来はカッティングされた文字をシールで貼っていたので、ある程度の技術が必要だだったのですがが、今回の商品は誰でも貼れるので、人件費の節約にもなります。この魅力を、多くの方に伝えたいです。

他社との違いや今後の予定

シールフィルム紙に印刷する独自の技術があることが強み。筆耕ソフトは編集がラクな点も喜ばれている。筆耕システムの、これまでのカッティングしたシールを貼る方法は看板も傷みやすかった。だが全体に透明なシールを貼る新たな方法は看板が傷みにくく再利用しやすい点もメリット。名前以外の部分は定型であることが多いので、名前だけを貼りかえる省力パターんも提案している。ターゲットは葬儀会社だが、花屋をはじめ、広い業種で活用していきたい。

マックス

http://www.max-ltd.co.jp/
03-3669-0311
掲載なし
東京都中央区日本橋箱崎町6-6

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-フューネラルビジネスフェア2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.