フューネラルビジネスフェア2019

フューネラルビジネスフェア2019 出展企業紹介 ~トモエ陶業㈱~

投稿日:

フューネラルビジネスフェア2019でブース出展されている企業様へ、FBF初日の6月17日葬研編集部がインタビュー実施しました。写真でブースや社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

企業概要・取り扱い商材

手元供養品、骨壺、骨壺付属品など陶器を中心とした葬祭品のプロデュースとサイト販売を手掛ける。商材は手元供養用ミニ骨壺「光のしずく」、「虹珠」、「キセキの空間」、「lien」など。通常サイズの骨壺はボール型、骨箱に故人の写真を入れ込む「モヨア」など。九谷焼、有田焼、信楽焼、美濃古陶など高級ラインも取り扱う。子ども用骨壺「マイリトル」、キリスト教用骨壺もある。付属品は骨箱、骨覆、分骨袋など。

フューネラルビジネスフェア2019で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

パンとコーヒーをセッティングできるモーニング用の仏器など、新発想の供養品を次々と展開しています。伝統的な仏具だけではなく、さまざまな「かわいい」「美しい」「ユニーク」と思える商品があることを、どう一般の人に伝えていけるか。それが、弊社だけではなく業界全体における今後の課題かと思います。

他社との違いや今後の予定

仏具の開発といいながらも、そのテイストは和洋を問わない斬新な発想が特徴。サッカーボールやゴルフボール、ラグビーボールを模した骨壺や、クリーム色や水色といった明るい配色のミニ骨壺など、パッと見たときに明るい気持ちになれるのが狙いだ。また、「きららモダン仏具」ラインの一つ、パンとコーヒーを置ける「モーニングセット」用の仏器は、60歳以上の老夫婦の7割が朝にお米を焚かずパン派であるというデータから発想を得た。仏壇・仏具はシニアのためだけのものではなく、供養をする若い人のためのものでもあるという思いから、今後も新たな商品を展開していく。

 

 

トモエ陶業

http://www.tomoetogyo.jp
0561-83-3674
0561-82-4261
愛知県瀬戸市北浦町3-36

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-フューネラルビジネスフェア2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.