アンケート調査・Q&A 葬祭ニュース

1月11日は犬の日!「ペットと一緒に入れるお墓」をご存知ですか?最愛の家族だからこそ考えておきたいペットの終活

投稿日:2018年1月9日 更新日:

~2017年 ペットと一緒に入れるお墓「ウィズペット」に関する最新のお問合せランキングも発表!~

メモリアルアートの大野屋
メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可)では、年中無休で仏事に関する様々なご相談を受け付ける「大野屋テレホンセンター」を設置しています。
来る1月11日は犬の日です。あまり考えたくない事ですが、大切な家族の一員であるペットが亡くなってしまったら、我が子のように丁寧に供養してあげたいと思う方も多いのではないでしょうか。今回はペット供養に関する最新のお問合せ内容とともに、ペットの葬儀に詳しいメモリアルアートの大野屋の終活・仏事アドバイザー 川島 敦郎が、ペットの弔い方についての基本知識を解説します。
------------------------------------------------------------​--------------------------

メモリアルアートの大野屋 終活・仏事アドバイザー 川島 敦郎 

1956年東京都出身。大学卒業後ブライダル会社に勤務。企画やプランナー育成に携わり、業界資格の試験官も務めたエキスパート。ブライダルの世界から2005年にメモリアルアートの大野屋に入社。葬儀ディレクター、生前相談アドバイザー、セミナー講師としても活躍し、現在「大野屋テレホンセンター」で仏事アドバイザーとして年間5000件以上の相談に答える。穏やかな語り口と柔和なキャラクターからテレホンセンターのメンバーからは「川島ママ」と呼ばれ、お客様からの信頼も厚く指名による電話相談も多く頂いている。

 ペット供養に関する最新のお問合せ
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
Q1. 長年かわいがっていたペットが亡くなりました。自宅の庭に埋葬しても構わないでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

(川島) 亡くなったペットは人の遺体とは異なり、法的には物と同じ扱いになります。そのため、所有地である自宅の庭に埋葬するために特別な届け出の必要はありません。さらしのような布やペットが好きだったブランケット等に包んで、庭に埋葬した経験のある方もいらっしゃると思います。但し最近では隣の家との距離が近くなり、火葬せずに埋葬すると腐敗臭で近所の方へ迷惑をかけてしまったり、匂いを嗅ぎつけた他の動物に掘り起こされる可能性もありますので、火葬を済ませてから埋葬する方が多くなりました。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
Q2. ペットが亡くなった際、死亡の届け出など必要な手続きはあるのでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

(川島) 犬の場合は届け出が必要です。狂犬病予防法により飼育するときに住まいのある自治体に届け出をされているのと同様に、亡くなった場合も届け出をする事になっています。猫やその他のペットの場合は法律上の決まりがない為、届け出は不要です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
Q3. 犬や猫のペットはなくなったらいつまでに火葬しなければいけないのでしょうか?
自宅に安置しておいても問題ないでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

(川島) 火葬をしなければならないという決まりはなく土葬も可能です。ペットの火葬をする時期についての決まりはありませんが、遺体の腐敗が進んでしまうため、火葬せずに自宅に安置できるのはドライアイスを使用しても3日間程度と言われています。一旦火葬をした遺骨は自宅に安置する期間の制限がありません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
Q4. 亡くなったペットを一緒にお墓に埋葬してもよいのでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

(川島) 霊園の使用規則により、人以外の遺骨をお墓に納めることを禁止しているケースが多いです。霊園は多くの方が利用する施設である為、動物を好まれない利用者への配慮や仏教的な考え方から、人と動物を一緒に葬ることを認めない所が多いようです。しかし、最近はペットと人が一緒に入ることができる霊園も出てきています。大野屋でも「ウィズペット」という名称で関東、関西にいくつかの霊園をご紹介しており、どんなペットでも一緒に眠ることが出来ます。

ペットと一緒に入れるお墓「ウィズペット」のご紹介
大野屋では、2003年に業界に先駆け、国内初のペットと一緒に眠れるお墓「ウィズペット」を「町田いずみ浄苑」で提供開始いたしました。現在、国内5カ所で展開している「ウィズペット」は、ペット専用墓地や納骨堂とは異なり、家族のお墓に“共に生きたペットも一緒に埋葬したい”と願う方へ向けたお墓です。
ウィズペット(登録商標:第4763612号)
ウィズペットギャラリー 

 

◆「ウィズペット」取り扱い霊園
ウェブサイト(http://www.ohnoya-cemetery.com/search/cemetery_search_fea.php?fea=002
◇町田いずみ浄苑(経営:宗教法人常照寺)/東京都町田市真光寺町315
◇奥多摩霊園(経営:宗教法人向雲寺)/東京都西多摩郡奥多摩町海沢183-3
◇八王子メモリアルパーク(経営:宗教法人長楽寺)/東京都八王子市川口町335
◇岩槻光輪浄苑(経営:宗教法人明善寺)/埼玉県さいたま市岩槻区裏慈恩寺1251
◇神戸山田霊苑(経営:宗教法人金剛寺)/兵庫県神戸市北区山田町西下字狼谷3-1
--------------------------------------------------------------------------------------
ペットと一緒に入れるお墓「ウィズペット」に関するお問合せランキング2017年年間TOP3
1位 人とペットを同じスペース(納骨棺)に納骨するの?
2位 ペットを火葬できるところはある?
3位 ペットの遺骨は何体納骨できる?
------------------------------------------------------------​--------------------------

9月4日は供養(くよう)の日!~供養の大切さを考える、新しい記念日を制定~

大野屋はこのほど、毎年9月4日を新しい記念日「供養(くよう)の日」として制定し、生活者の皆様とともに「供養の大切さ」や時代によって変化する「供養の在り方」を考えるための取り組みをスタートさせました。大野屋では今後も「供養を大切だと思っているが何をしていいか分からない」方に対するサポートや、供養に関する意識調査を基にした供養の現状分析・課題抽出、 供養に関する様々な情報発信を通して、供養文化の発展に尽力してまいります。
「供養の日」ホームページ http://www.ohnoya.co.jp/0904/
------------------------------------------------------------​--------------------------
=============================================================
メモリアルアートの大野屋は、1939年に石材店として創業以来79年にわたり、
お葬式、お墓、手元供養、無料仏事相談など、仏事に関する総合サービスを提供しています。
ホームページ http://www.ohnoya.co.jp/ フェイスブック http://www.facebook.com/ohnoya
=============================================================

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-アンケート調査・Q&A, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.