サービス 葬祭ニュース

遺産相続について、LINEで無料相談できる新サービス登場! 専門の国家資格相談員に、隙間時間でLINE相談

投稿日:2017年5月16日 更新日:

ストラーダビジネスサポート

ストラーダビジネスサポートは、遺産相続のあらゆる問題を、LINEで無料相談できるサービスを開始しました。
本サービスでは複数の法的要素が関連する「遺産相続問題」を、遺産相続に関連する全ての士業があらゆる面から総合的に解決します。相談員は、全て国家資格者(税理士・弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士等)。

LINEで遺産相続の無料相談

専門の国家資格者に、LINEで遺産相続の無料相談
http://line-souzoku.com/

■本サービスの特長
(1) ボタン1つでできる、遺産相続の無料相談(日本全国対応)
本サービスのLINEアカウント(@souzoku)を「友だち」登録するだけ。すぐに相談を開始できます。時間を気にすることなく隙間時間や自宅から等、ユーザーの都合のいい時間に、専門の国家資格者に無料相談いただけます。

(2) 相談員は、全て国家資格者
相談員は、全て国家資格者。遺産相続に関連する全ての士業が、あらゆる面からユーザーが抱える問題を解決します。

(3) 守秘義務を厳守。LINE登録自体も誰にも知られない
相談に関わる専門の国家資格者は、全て守秘義務を負っています。国家資格者以外がLINEの相談内容を見ることはありません。登録したこと自体も誰にも知られないので、ご安心ください。

(4) 専門の国家資格者による、遺産相続に関する優良情報を配信
専門の国家資格者より、遺産相続に役立つ優良情報を随時配信します。

(5) 対面相談も1時間無料
専門の国家資格者との対面相談も、1時間無料で提供します。LINEやフリーダイヤルから申し込みできます。

■主な無料相談の分野
(1) 相続税の節税に関するご相談
(2) 相続税の申告に関するご相談
(3) 遺産争いに関するご相談
(4) 遺言書のご相談
(5) 遺産分割協議書のご相談
(6) 亡くなられた際の各種手続きに関するご相談
(7) 準確定申告に関するご相談
(8) セカンドオピニオンとしてのご相談

■本サービスを開始した社会的背景
「一番身近な専門家でありたい」
日本社会は少子高齢化が進み、遺産相続にお困りの方が増えています。問題となるのは大きく3つ、「相続税の節税」「納税資金の確保」「遺産争い」です。しかし、「無資格の相続コンサルタントからの間違った知識のまま、相続対策をしてしまい、逆に増税となってしまった」というケースが増えていることが現実です。身近に専門の国家資格取得者がいれば、結果は変わったことでしょう。

この点を社会問題や社会的ニーズだと捉え、「一番身近な専門家でありたい」というコンセプトのもと、いつでも複数の国家資格者に相談できるサービスの必要性を感じ、LINEによる無料相談サービスを開始しました。
複雑な会員登録を必要とせず、LINE1つでいつでも、遺産相続に関連する全ての士業(税理士・弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士等)に、あらゆる面から総合的に遺産相続問題を相談できる点が、本サービスの優位性だと考えます。

■LINEについて
国内6,600万人が利用する、無料のメッセージングサービスです。もはや生活インフラの一つと言っても過言ではありません。

ストラーダビジネスサポートでは、業界の中でいち早くLINE@アカウントを開設、本サービスの提供を開始しました。
LINEの特性を活かし、日本全国どこからでも、時間を気にすることなく隙間時間や自宅から、ユーザーの都合のいい時間に、専門の国家資格者に無料相談いただけます。

専門の国家資格者に、LINEで遺産相続の無料相談
http://line-souzoku.com/

■ストラーダビジネスサポートについて
税理士法人と公認会計士事務所、社会保険労務士事務所のグループ会社として設立。節税対策のサポートや、各種助成金や補助金の活用サポートなど、旧来の専門家が補えない分野において、企業や個人をサポートしています。

代表の山田 直輝は、第一線で活躍する公認会計士/税理士です。ラジオ番組やセミナー等、メディアにも出演し、より多くの方々にとっての「一番身近な専門家」であるべく、今の時代に合った士業の在り方を提案し続けています。

社名      : ストラーダビジネスサポート
所在地     : 東京都中央区日本橋蛎殻町2-11-2 オートエックス工藤ビル 6F
法人URL    : http://strada-bs.jp
本サービスのURL: http://line-souzoku.com/

@prssより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.