エンディング産業展2019

藤井石材工業 /八巻石材工業 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

藤井石材工業 /八巻石材工業 第五回エンディング産業展2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

藤井石材工業は国産石材の国内加工にこだわり、福島県でみちのく銘石「芝山石」を採掘加工。墓石材の砥石研磨仕上げに力を入れている。八巻石材工業 は、昭和26年より福島・宮城県内にて採石業務を開始し、現在まで6か所の採石場を手掛けている「石工職人のファクトリー」。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

【八巻石材工業】今、供養の多様化で墓離れが起こっている。そこで弊社では、こうした展示会で石の美しさを前面に出してアピールし「国産の石を、国内の職人が仕上げた墓石」で差別化を図りたい。

他社との違いや今後の予定・目標

【八巻石材工業】弊社では石を磨く際、目の粗いものから目の細かいものまで8~9種類の砥石を使って研磨作業をしている。そのため、その半分の工程で終わらせ薬品をコーティングして艶出している中国製の墓石にはない、メリハリのある立体感をもった光沢を出すことができるのが強み。今、日本の採石業は危機に瀕していて、最盛期は120社あったのが6社しかない。福島は、日本一石の種類が多い産地。石はどこからでも採れるわけではなく、中には一石もない県もあるが、福島県だけで10種類前後も石がある。採石をする”山本”として、少しでも長く日本の石を採り続けたいと考えている。

藤井石材工業 /八巻石材工業
http://fujii.sekizai.info/

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

碑文谷創の葬送基礎講座 1

「葬祭業」の誕生 大都市と地方の差 「葬祭業の誕生」は日本の近代化と共に始まりました。 「葬祭業の出自」ということで見れば江戸後期にさかのぼることができます(早桶屋、桶屋、葬具貸し出し業)。 しかし、 ...

2

今回、世界最大のイベントCESへの参加を試みた。 CESとは CESとは、ネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市で、最先端の技術が結集している展示会である。 展示期間:2020年1月7日~10 ...

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.