アンケート調査・Q&A 葬祭ニュース

第5回“葬儀”に対する意識・実態調査

投稿日:2018年12月26日 更新日:

ティア

名古屋市内を中心に、関東、東海、関西地方で葬祭事業とフランチャイズ事業を展開するティア(本社:愛知県名古屋市北区、代表取締役社長:冨安 徳久)は、2014年から毎年、全国の40歳以上の男女1,000名を対象に、“葬儀”に対する意識と実態について、インターネット調査を行っています。第5回目となる本年の調査結果がまとまりましたので、下記にてご案内いたします。

『第5回  “葬儀”に対する意識・実態調査』トピックス

1.葬儀の実施意向について

葬儀の実施意向について、「自分の葬儀をしてもらいたくない人」(52.5%)が「自分の葬儀をしてもらいたい人」(47.5%)を上回る結果に。「自分の葬儀をしてもらいたくない人」は年々増加する傾向にあり、5年前の調査からは3.4ポイント上昇となった。一方、「配偶者の葬儀をしたい人」は80.4%、「親の葬儀をしたい人」は79.7%となり、「大切な人の葬儀をしたい」という想いは強く、その理由も「供養のために必要だから」「気持ちに区切りをつけたい」が多くを占める。

2.葬儀に対する価値観について

昨年に引き続き、「これまでの葬儀に出席して良かった」と回答した人は78.5%と大多数を占め、出席して良かった理由は「最期のお別れができた」(56.0%)が最多、次いで「気持ちに区切りをつけることができたから」(48.4%)という結果に。

3.葬儀に関する親・配偶者とのコミュニケーションについて

配偶者または親と“葬儀について話し合ったことはありますか?”と質問したところ、 「配偶者、親ともに話し合ったことがある」と答えたのはわずか11.9%。半数を超える人(53.1%)が「配偶者、親ともに話し合ったことはない」と回答しており、その理由として「残された人間で決めればいいから」「気分を害したくないから」の回答が多くを占める。改めて、配偶者・親と葬儀について話をすることの難しさが表れる結果に。

4.終活について

「終活実施の有無」を尋ねたところ、全体の85.7%が終活を「していない」と回答。男女別で比較してみると、男性は90.6%、女性は80.8%となり、男性は特に自らの死後について準備していないことが顕著となった。

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-アンケート調査・Q&A, 葬祭ニュース
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.