サービス 葬祭ニュース

葬祭業界もIoTの時代へ 未来の葬儀を実現する

投稿日:2017年5月10日 更新日:

現場を知る葬儀社が開発。iOS版に続き、Android™版をリリース

葬儀社アーバンフューネス

人が亡くなる場所は自宅から病院へと変わり、今では8割の方が病院で亡くなっています。

病院によっては、亡くなってから2、3時間で故人の移動を求めてくるところもあります。従来は、このような状況で葬儀社を選び、葬儀社を通じて、故人を移動するための寝台車を手配しなければなりませんでした。

しかし、寝台車だけを手配し、故人を葬儀の日まで休める場所に移動し落ち着くことができたら、どんな葬儀を行うのか、どの葬儀社に依頼すればいいのか、考えるだけの時間を確保できます。

葬儀社アーバンフューネスは、病院などから故人が移動するために必要な寝台車を、遺族が簡単に手配できるWebサービス『葬マップ』を開発しました。

病院などからもっとも近い場所にいる寝台車を手配できるので、慌てて葬儀社を決めることなく、短時間で故人といっしょに移動できます。

寝台車の手配を葬儀社に依頼することなく、遺族の手でできるWebサービスが、「自分に合った葬儀を行う社会」を実現する第一歩となります。

『葬マップ』は6月27日のリリースを予定しています。
Webサイトで寝台車を簡単に手配できる『葬マップ』

▼近隣の寝台車をマップで「見える化」
GPSによる位置情報で、現在地の近くを移動している寝台車を簡単に把握できます。また、寝台車が到着するまで待つ間に、寝台車を所有する会社に相談もできます。

近隣の寝台車をマップで「見える化」近隣の寝台車をマップで「見える化」

▼現在地からの移動距離や費用が分かる
地図には、葬儀を行う斎場や、故人を休ませることができる専用の安置施設、火葬場も表示されます。現在地から移動先までの距離が分かるので、移動にかかる費用も算出できます。

現在地からの移動距離や費用が分かる現在地からの移動距離や費用が分かる

全国の葬儀社と提携し、葬儀事例や斎場の情報も発信
▼斎場で行われた葬儀の事例を紹介
『葬マップ』で表示される斎場のアイコンをタップすると、その斎場で行われた葬儀事例を掲載するWebサイト『葬儀ガイド』へ移行します。『葬儀ガイド』は、全国の斎場の葬儀事例を閲覧できます。『葬儀ガイド』に掲載されている葬儀事例は、遺族の掲載許可を頂いています。

斎場で行われた葬儀の事例を紹介する『葬儀ガイド』斎場で行われた葬儀の事例を紹介する『葬儀ガイド』

https://sougi.guide/

▼斎場の詳細な情報も発信
『葬マップ』で表示される斎場のアイコンをタップすると、その斎場の利用料金やキャパシティなど、詳細な情報を確認できる『斎場・葬儀場ガイド』にも移行できます。『斎場・葬儀場ガイド』も、全国の斎場の情報を閲覧できます。『葬儀ガイド』『斎場・葬儀場ガイド』は葬儀社アーバンフューネスが運営しています。

斎場の詳細な情報を発信する『斎場・葬儀場ガイド』斎場の詳細な情報を発信する『斎場・葬儀場ガイド』

https://saijou-sougijou.guide/

葬儀事例や斎場の情報を登録する専用アプリ『葬ロング』
▼葬儀情報をWebサイトに公開
『葬儀ガイド』に葬儀事例を投稿するには、葬儀社アーバンフューネスが開発した専用アプリ『葬ロング』を利用します。葬儀の画像や総額、場所、内容、担当した葬儀社から担当者まで投稿することができます。

葬儀情報をWebサイトに公開できる『葬ロング』葬儀情報をWebサイトに公開できる『葬ロング』

▼葬祭関連施設の口コミも登録
専用アプリ『葬ロング』は、『斎場・葬儀場ガイド』とも連動し、葬祭関連施設の口コミやPR情報を投稿することができます。口コミの内容は、実際に葬儀を行うプロならではの視点から投稿されます。

葬祭関連施設の口コミも登録できます葬祭関連施設の口コミも登録できます

葬祭サービスの総合展示会に『葬マップ』を出展
今年で21回目を迎える葬祭サービスの総合展示会『フューネラルビジネスフェア2017』で、遺族が寝台車を手配できるWebサービス『葬マップ』や、『葬儀ガイド』『斎場・葬儀場ガイド』『葬ロング』のすべてを紹介。未来の葬儀がどうなるのか、体験いただけます。

フューネラルビジネスフェア2017 開催概要
開催日:6月26日・27日
場 所:パシフィコ横浜(横浜・みなとみらい)
主 催:綜合ユニコム

▼展示会についての問い合わせ先
綜合ユニコム フューネラル事業部
TEL:03-3563-0043
FAX:03-3564-2560
http://sogo-unicom.co.jp/pbs/fair/fbf/2017/index.html

※招待券をご要望の方は、下記までご連絡ください。
アーバンフューネスコーポレーション IT事業部 広報担当
TEL:03-5144-0133
FAX:03-5144-0672
E-mail:creative@urban-funes.co.jp

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.