業務提携・買収・新店オープン 葬祭ニュース

終活で保険も見直す時代  小さなお葬式の保険相談・見直しサービス「小さなおまもり保険」1月17日(水)スタート

投稿日:2018年1月18日 更新日:

ユニクエスト

インターネットで定額・低料金の葬儀「小さなお葬式」を運営するユニクエスト・オンライン(大阪市西区/代表取締役:重野 心平)はアフラックと代理店契約を締結し、生涯保険サービス「小さなおまもり保険」として保険相談・保険見直しサービスを1月17日(水)より開始いたします。

インターネットで定額・低料金の葬儀「小さなお葬式」を運営するユニクエスト・オンライン(大阪市西区/代表取締役:重野 心平)はアフラックと代理店契約を締結し、生涯保険サービス「小さなおまもり保険」として保険相談・保険見直しサービスを1月17日(水)より開始いたします。

 

<サービスロゴ>

 

【サービススタートの背景】

老後には生活費以外にも、医療費・終活費などが必要になる場合があります。平均寿命の延び(※1)や医療費の高額化(※2)など、時代に合わせて保障内容は変化しており、若いころに入った保険から見直すことがなかったという方の中には、現在のライフスタイルに合わない保険に入っている方もいらっしゃいます。

小さなお葬式では年間10万件以上(2016年4月~2017年3月)お葬式の資料請求をお受けする中で、ご自身やご両親の終活・お葬式について心配される方から「葬儀や葬儀後の費用について相談したい」「保険についても教えてほしい」というお声を頂いておりました。また、葬儀を終えたご遺族の方から「保険金の受取人が先に亡くなっている場合はどうすればいいか」といったご相談も以前から寄せられていたため、終活の一環として保険の見直しができる生涯保険サービス「小さなおまもり保険」をスタートすることにいたしました。

(※1)厚生労働省「簡易生命表」

(※2)厚生労働省「平成28年度 医療費の動向調査」

 

▼「小さなおまもり保険」概要

保険のプロがお客様の状況とご要望に合わせ、アフラックの保険の中から最適なプランを設計、ご提案させていただきます。

ご相談は保険相談専用ダイヤルにてお電話で承ります。

受付時間:平日10:00~19:00  TEL:0120-788-699(通話無料)

 

▼アフラックを選んだ理由

①がん保険、医療保険の契約件数15年連続No.1(平成15年版~平成29年版「インシュアランス生命保険統計号」

②がん保険によるお支払い金額1営業日あたり平均12.3億円(2017年3月期)※1

③保有契約件数2,000万件以上(平成27年3月末)

※1:2017年3月期に当社のがん保険を通じてお支払いした保険金・給付金等の金額は3,034億円でした。

これは、1営業日(※2)あたり平均12.3億円のお支払いをしている計算になります。

※2:当社営業日数:245日(2016年度)

 

■定額・低料金の「小さなお葬式」について (小さなお葬式:http://www.osohshiki.jp/

全国統一料金、追加料金が不要な業界初の定額の葬祭サービス。使用する物品の品質ではなく、お通夜や告別式などの儀式の有無で金額を設定。ご依頼件数は累計10万件を突破致しました(2017年3月末時点)

 

 

 【ユ二クエスト・オンライン】 https://www.uqo.jp/

所在地:〒550-0004 大阪府大阪市西区靱本町1-6-3

代表取締役:重野 心平

設立:2006年08月01日

事業内容:インターネットメディアの企画・開発、Eコマースソフトウェアの企画・開発

 

「インターネットを使って、価格不明瞭な業界を明瞭にする」という企業理念の下、創業したITベンチャー。主力サービス「小さなお葬式」は、業界初の「全国対応」、「追加料金不要」の定額プランを提示。お客様の明瞭価格の葬儀を安心して行いたいというニーズと合致し、2016年に「依頼件数日本一(※)」を獲得しています。

(※)2016年調査会社調べ。

ValuePress!より転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-業務提携・買収・新店オープン, 葬祭ニュース
-, , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.