セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

終活読本「ソナエ」新春号 1月15日発売 手続きは? いくらかかる? よくわかる「お墓の引っ越し」

投稿日:2018年1月11日 更新日:

産経新聞社
産経新聞社が発行する終活季刊誌「ソナエ」2018年新春号では、「継承者がいない」「遠くてお参りに行けない」という悩みを抱える郷里のお墓を、都会の霊園などに移すためのノウハウについて徹底解説します。巻頭インタビューは女優の高島礼子さん。15年にわたって続けている父の介護などについて語ります。1月15日(月)発売です。

・特集「よくわかる『お墓の引っ越し』」
跡継ぎがいないなどの理由で2人に1人が郷里のお墓が無縁墓になることを心配しています。わが家のお墓が近くにあれば…と誰しも思うものですが、どうやっていいか分からないのが「お墓の引っ越し」。菩提寺への相談から、行政手続き、現代にマッチした都会のお墓、実際の引っ越し作業、そして古い墓石のリサイクルに至るまで、実例を交えて丁寧に解説します。

・「伴侶との死別をこえて」
人生最大のショックといわれる配偶者との死別。そのストレスで「後を追うように亡くなる」リスクは41%も急増。その悲嘆をサポートする社会のシステムや一歩踏み出すためのヒントをご紹介します。ほかにも、いつか迎える「その時」に役立つ情報が盛りだくさんです。

☆女優 柏木由紀子さんへのインタビュー「家族で歌い継ぐ“坂本九”」
☆永六輔さんの愛娘、永麻理さんが語る「父が亡き妻に送った1500通のラブレター」
☆認知症にも効く「香りのチカラ」
☆弔問エチケット完全ガイド第3弾「香典の常識」
☆歌謡界のリーダー、平尾昌晃さん「歌の葬儀に2200人」

「終活読本ソナエ」は、平成25年に創刊された日本で初めての終活専門の季刊誌です。葬儀・お墓・保険・遺言・エンディングノート・老齢資金…いつか迎える「その時」の憂いをなくし、人生を美しく仕上げるための情報をあらゆる角度から提供します。年4回発行。2018年新春号は840円(税別)。全国の主要書店または、アマゾンでお買い求め下さい。
ソナエ公式サイト : https://sonae.sankei.co.jp/about/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.