アンケート調査・Q&A 葬祭ニュース

SBIいきいき少短“終活”に関するアンケート調査(第1回)

投稿日:2017年3月13日 更新日:

~“終活”の認知率は90%、ただし具体的内容を知らない人は25%~

SBIいきいき少額短期保険

SBIいきいき少額短期保険(本社:東京都港区、代表取締役社長:島津 勇一、以下「当社」)は、当社の保険加入者を対象に“終活”に関するアンケート調査を実施しました。この度は1,400名の方から回答を得た調査結果を報告いたします。
なお、今後も継続的に“終活”に関連するアンケートを行っていく予定です。

■調査結果サマリー
●約90%の方が“終活”という言葉を知っている(聞いたことがある)と回答
(別紙P.1参照)
“終活”はシニア層には周知の言葉ではあるものの、約25%が「知らない」「具体的なことは知らない」との回答も。

●約80%の方が“終活”について家族と話した(話したい)と思っていると回答
(別紙P.1参照)
“終活”について家族で話したことがある方が約37%、話したいと思っている方が約42%と多数。

⇒この背景には「家族には迷惑をかけたくない」という共通の想いが。
今回のアンケートでは、保険契約者の方に、“終活”に関して感じていることを自由に記入してもらいましたが、“終活”をしている方の回答に多く見受けられたのが、「迷惑をかけたくない」という想いでした。
家族と事前に相談をすること、葬儀の意向、身辺整理などは、いずれも自身が亡くなった後に家族が困らないようにという家族への想いから起こる行動と言えます。

●“終活”はまずは「お金の準備」をしてから「物の整理、片付け」へ
(別紙P.2参照)
“終活”に関し、「すでに行ったこと」として約52%(730名)の方が保険の加入状況などを確認する「お金の準備」を回答、ご自身の生活の安心に備えています。回答者のコメントからは家族葬を希望する声が多く、お葬式程度の備えを想定している様子が見受けられました。
次に、約43%(595名)の方が「人生を楽しむこと」と回答しています。また、「これから行いたいこと」としては、約37%(517名)の方が家族に負担をかけないために「物の整理、片付け」を挙げています。

⇒すでに行ったこととこれから行いたいことを比較すると“終活”を考える行動が読み取れます。
“終活”に関し、まず実践するのは、「お金の準備をすること」や「いまの人生を楽しむこと」であり、それらの後に「物の整理、片付け」に取り組もうとする傾向があります。

●“終活”は「自身で行いたいこと」と「家族等に行ってほしいこと」では傾向が異なる結果に
(別紙P.3参照)
“終活”に関し、自身が行っていることまたはこれから行いたいこととして、「物の整理、片付け(982名)」を挙げる方が最多となりました。
一方、家族や親しい友人に「行ってほしいこと」については、「特になし(405名)」という回答が最多となり、続いて「物の整理、片付け(169名)」、「いまの人生を楽しむこと(130名)」が挙げられています。
「物の整理、片付け」や「いまの人生を楽しむこと」は自身や家族に共通する“終活”のテーマである一方、まずは自身で行動し、家族の方には多くのことを求めないという気遣いが伺われる結果となりました。

●「これからよりよく生きるための資金を備えたい」とする方が多いという結果に
(別紙P.4参照)
“終活”を行動する上での必要な資金を「もしもの時」と「これからよりよく生きるため」に分けてどの程度必要だと思うかの問いについては、どちらも「不明」が20%を超えました。
500万円超の資金を必要だとする方の割合は、「よりよく生きるための資金」の方が約14%となり、「もしもの時」の約4%より格段に高くなっています。

■加入者アンケート調査の概要
調査対象 :当社保険契約者 全国男女45,083名
調査方法 :当社会報誌「いきいき世代通信」同封アンケートに
自筆記入の上、当社へ返送
調査期間 :2016年12月9日~2017年1月17日までの回答分
回答人数 :1,400名
回答者構成:約70%が60歳~70歳代。女性が69%、男性26%、性別無回答6%
※本調査レポートの百分率表示は小数点第1位で四捨五入の丸め計算を行っているため、合計しても100%とならない場合がございます。

【会社概要】
会社名   : SBIいきいき少額短期保険
会社紹介  : 当社は、東証一部上場「SBIホールディングス()」の
グループ会社です。「シンプルでわかりやすく」
「保険料は手ごろに」という、お客様の声をもとに
開発した死亡保険、医療保険を提供しており、
シニア層から幅広い支持を得ています。
所在地   : 東京都港区六本木1-6-1
設立年月日 : 2007年7月3日
資本金   : 36,000千円
販売保険種類: 少額短期保険業
(販売商品:SBIいきいき少短の死亡保険、
SBIいきいき少短の医療保険、
引受基準緩和型死亡保険「あんしん世代【緩和型】」、
引受基準緩和型医療保険「新いきいき世代【緩和型】」)
URL     : http://www.i-sedai.com

@prssより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-アンケート調査・Q&A, 葬祭ニュース
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.