セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

相続問題の根本的解決のための、相続対策の知識と知恵を学ぶ 「子が考えるべき相続対策セミナー」を1月13日に開催

投稿日:2018年1月10日 更新日:

日本相続対策研究所

相続対策を手掛ける日本相続対策研究所(所在地:東京都品川区、代表理事:本間 勲)は、相続問題の根本的解決のために2018年1月13日(土)より「親が元気なうちに、子が考えるべき相続対策セミナー」を大崎ブライトコア4階にて不定期開催いたします。

講師:日本相続対策研究所 所長 本間 文也

相続対策の現状は、親が何の対策もとらずに亡くなって相続が発生し、残された家族や子が遺産で揉めたり巨額の相続税が課せられたりすることが大変多くあります。

また高齢の親がよかれと思って相続対策をしたものの、悪徳業者にだまされて、将来性のない不動産活用や問題のある相続対策をさせられてしまうことがあります。

また子にとっては、親の老後対策で何をして良いかわからないまま認知症や介護の問題が発生し、親の口座からお金がおろせなくなって医療費を負担することになったり、相続対策もできなくなる現実に直面したりすることが多くあります。

当研究所ではそういった現実から、親のためにも自分の身を守るためにも、なかなか動いてくれない親に相続対策を勧めるヒントや、子が知識を持ち、親や家族とともに老後対策・相続対策を行う大切さを伝えてゆきたいと考えています。

■セミナー内容

時間:13:15~14:45

内容:【前編】

   ・認知症になって十年以上、老後と相続の現実(相続相談の現場のお話)

   ・老後の問題と対策(認知症などの問題と、家族への信託・後見)

   ・いざ相続の時にすべきこと、そして相続争いになった場合のこと

   ・親に相続対策を勧めるアプローチのポイント

   ・相続税を節税・ゼロにするテクニック(基礎編)

   ・相続税の実際の節税アプローチ(実例紹介)

時間:15:00~16:30

内容:【後編】

   ・相続税の計算方法の説明

   ・相続税を節税・ゼロにするテクニック(具体事例編)

   ・相続対策の鍵となる、保険の活用法

   ・財産に不動産がある場合の問題

   ・遺言書が火種になることもある、相続争いの事例と対策

   ・親が動いてくれなくても、子にできる事前対策

   ・失敗する対策と、相続対策を成功に導くポイント

講師:日本相続対策研究所 所長 本間 文也

   エックスアイティー 代表取締役

   宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー

■セミナー開催概要

日時     : 2018年1月13日(土) 13:15開始(13:00~受付)

会場     : 大崎ブライトコア4階 東京都品川区北品川5丁目5-15

         JR大崎駅・南改札を出て左へ。

         エスカレーターを降り、目黒川を越え徒歩5分

アクセスマップ: http://bit.ly/2qBWF0D

参加費    : 前編・後編 各1,000円

特設ページ  : http://bit.ly/2qCU5aF

問い合わせ窓口: office@jsr.or.jp

その他    : 一般の方を優先しますので、士業・不動産業界の方、

         相続関連業者、業務上の勉強の方の参加はお断りいたします。

■セミナー参加申込方法

以下の申込みフォームから必要事項をご記入のうえお申込みください。

http://bit.ly/2tChedc

■日本相続対策研究所について

当研究所は「高齢化の進む日本社会において、特定の業界に偏らない立場と幅広い視野で相続対策に取り組み、日本の社会から老後と相続の悲劇をなくし、相続争いをなくすこと」を目的として活動しています。

■法人概要

名称  : 日本相続対策研究所

所在地 : 〒141-0001 東京都品川区北品川5丁目12-5 御殿山101ビル5階

代表者 : 代表理事 本間 勲

事業内容: 相続対策、老後対策(相続税対策、争族対策、

      資産活用、資産防衛、事業再生・事業承継ほか)

URL   : https://jsr.or.jp/

@prssより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.