サービス 葬祭ニュース

相続・贈与プラットフォーム「レタプラ」ベータ版提供開始

投稿日:2018年4月25日 更新日:

〜 現金、不動産、生命保険の3つの項目を入れるだけで、簡単に相続税を算出、共有 〜

FP-MYS

FP-MYS(本社:東京都港区、代表取締役CEO:工藤崇、以下当社)は、2018年4月25日、相続・贈与プラットフォーム「レタプラ」のベータ版提供開始ならびにサービスロゴの設置を実施しましたのでお知らせいたします。

レタプラのアプリ画面キャプチャ

FP-MYSについて
当社は、2016年7月に設立し、ファイナンシャルプランナー事業をおこなっており、その後、相続・贈与関連サービスの企画・開発を開始。2018年3月より、相続・贈与プラットフォームアプリ「レタプラ」を提供しています。また、2017年9月より資金調達を実施し、現在までに※1、事業会社、個人投資家を中心に約1500万円を調達しています。

相続・贈与プラットフォーム「レタプラ」提供の背景

2015年1月1日より相続税及び贈与税の税制が改正されました。これにより、遺産にかかる基礎控除額が引き下げられ、今まで相続税とは関係なかった所得層が納税の対象になり、相続税の申告が必要となる人の割合が高くなりました。これまで、遺産の相続や相続税の発生は富裕層だけに関係するものと考えている方が多い状態でしたが、相続税は誰にでも関係するものであるという時代に変わってきました。
また、相続は、家族だけでは完結できません。不動産には、不動産を査定する不動産鑑定士や登記をする司法書士が、相続税のより正確な算出や申告には、公認会計士や税理士が必要になります。日常生活でこれらの専門家と出会えたり、身近に相談できたりする機会は多くはありません。
当社では、相続がより身近になった今、相続に向き合う方々に、相続について話し合うきっかけになる場や、わからないことを専門家に気軽に聞ける場が必要であると考え、相続をサポートするサービスとして、相続・贈与プラットフォーム「レタプラ」の提供開始に至りました。

相続・贈与プラットフォーム レタプラ
https://www.lettepla.net/

相続・贈与プラットフォーム「レタプラ」について
レタプラは、スマートフォンで現金・預金、不動産、証券など、資産に関する簡単な項目を6つ入力するだけで、誰でも簡単に相続税の算出ができる無料のプラットフォームサービスです。入力後すぐに相続税の概算が把握できることはもちろん、その概算を知ることで、より計画的に相続・贈与のプランが立てられるようサポートしています
今回ベータ版となったレタプラは、これまでの6つの入力項目を、最も利用者の入力数が多い、現金・預金、不動産、生命保険の3つに絞り、「必須項目」とし、より入力や算出をしやすくしました。
これまでのアルファ版は、相続税の算出が主な機能となっており、利用者は、現時点で資産を持ち、資産を把握している、相続する側(被相続人)でした。しかし、相続は資産を相続する側(被相続人)と、配偶者や子どもなど資産を受け取る側(相続人)が発生します。そして、相続をより具体的に話し合う場合などは、相続税に関して話し合いをしたり、共有したりしなくてはなりません。そのため、今回のベータ版ではレタプラで算出された相続税の概算を被相続人が相続人へLINEで簡単に送付できる機能を設けました。

相続・贈与プラットフォーム「レタプラ」のサービスロゴについて
 被相続人にとっても相続人にとっても遺産は大切なものです。その大切な遺産についてどうするかを考え向き合うことは、いわば家族でひとつの手紙を綴っていくようなもの。そんな想いから、「家族」と「手紙」がモチーフになったロゴをサービスロゴにしました。

<ロゴイメージ>

当社では、早い時期から家族で相続を検討したり話し合ったりすることは、面倒なことや暗いことではないと考えています。相続・贈与プラットフォームアプリ「レタプラ」を通して、コミュニケーションが取れる世界を目指し、さまざまな人が人生において相続を検討する第一歩をサポートして参ります。
※1 2018年4月25日現在
※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.