その他 葬祭ニュース

「お盆」「お墓参り」がテーマ 株式会社加登「第1回 川柳コンクール」入賞作品発表。

投稿日:2018年7月17日 更新日:

加登

​加登(本社:大阪市淀川区 代表取締役会長:加登 隆三)は、平成30年5月18日より同年6月30日まで募集を行った「第1回 川柳コンクール」の入賞・入選作品を公式Webサイトにて発表いたしました。

平成30年6月30日まで募集を行いました加登「第1回川柳コンクール」は、今回のテーマ「お盆」「お墓参り」にまつわる川柳作品を広く一般の方に案出いただくことをきっかけとして、先祖供養の大切さをより深く認識していただきたいという思いで実施させていただきました。ひと月強という短い応募期間にもかかわらず、多くの作品が寄せられ、のべ3,190名の方々から合計7,617句ものご応募をいただきました。いずれも温かい家族愛とユーモアに溢れる作品ばかりで、日本古来の良き伝統文化である「お盆」「お墓参り」の素晴らしさを再確認させてくれました。

厳正な一次審査を通過した作品の中から、 全日本川柳協会の副理事長・事務局長を務める本田智彦先生が最終選考を行い、入賞作品が選出されました。選ばれた作品は、加登「第1回 川柳コンクール」特設ページに掲載中です。

最優秀賞:「いないけど まだいるような ひとだった」 ペンネーム となりの山田さん様

<寸評>詩全体がひらがなで詠まれている。川柳は口語体だからそんなに固い漢字は必要ありません。句の内容としては、もう居ないけどまだ生きているようなインパクトの強い人だったと作者に強力な印象が残っている。

加登は、入賞作品のみならず、惜しくも選外となった優れた作品の数々についても、今後さまざまな形でご紹介し、いっそうたくさんの皆様に、家族の絆を強める「先祖供養」の素晴らしさを伝えていきたいと思います。

■優秀賞、佳作も掲載中。加登「第1回 川柳コンクール」特設ページはこちら
https://www.forever-kato.co.jp/senryu2018/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-その他, 葬祭ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.