エンディング産業展2019

ジーエスアイ 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

ジーエスアイ2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

ジーエスアイジーエスアイは、大切な人を亡くした人々の心をいやす手助けをする『グリーフサポート』と、エンバーミング(遺体の肌の処置)を事業として行なっている。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

今回の展示会で特に打ち出しているのは『グリーフサポート』だ。型通りでなく、残された人の想いを汲みとった葬儀をプランニングできる葬儀関係者に贈られる『セレブラント』、残された人の心に寄り添える人に贈られる『グリーフサポートバディ』の二つの認定制度を立ち上げ、セミナーを開いて技術の習得を推進している。

他社との違いや今後の予定・目標

エンディング産業の本場アメリカで学んだ社長が吸収してきた、心理学や科学に基づいた体系だったグリーフサポート教育が強みだ。 また、一般的に使われている呼称は「グリーフケア」であるが、「こちらが何かをしてあげる」という上からのコミュニケーションでなく、あくまで悲しみを抱えている方を主体として、その手助けをするという理念のもとに「サポート」という言葉を意識的に使っていることも、企業の姿勢を表す特徴としてあげられる。ジーエスアイ

ジーエスアイ
https://www.griefsupport.co.jp/

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

碑文谷創の葬送基礎講座 1

「葬祭業」の誕生 大都市と地方の差 「葬祭業の誕生」は日本の近代化と共に始まりました。 「葬祭業の出自」ということで見れば江戸後期にさかのぼることができます(早桶屋、桶屋、葬具貸し出し業)。 しかし、 ...

2

今回、世界最大のイベントCESへの参加を試みた。 CESとは CESとは、ネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市で、最先端の技術が結集している展示会である。 展示期間:2020年1月7日~10 ...

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.