ローソク・線香 葬祭ニュース

【毎日のご供養に】ついにベールを脱いだ「明智光秀」と「お線香」

投稿日:

カメヤマ株式会社

ローソク・線香の製造販売を手掛ける、カメヤマ株式会社は、2019年12月2日より「明智光秀 桔梗の花の香りのお線香」を発売します。

2010年の「龍馬伝」の発売から11作目となり、高い話題性と人気を誇る「大河線香シリーズ」より「明智光秀 桔梗の花の香りのお線香」が登場します。パッケージには2020年1月から放送される大河ドラマ「麒麟がくる」のタイトルロゴを使用。謎多き智将、明智光秀とは何者だったのか。「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、生涯が描かれるとされてます。王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。その麒麟と光秀の家紋である桔梗の花をパッケージに描き、旗印「水色桔梗」の水色を基調としました。

教養が深く、良き領主でもあった明智光秀。「たとえ天下をとったとしても、妾(側室)は持たぬ」戦国の時代において珍しく、一生涯妻への愛を貫いた光秀。まさに桔梗の花言葉「変わらぬ愛」の言葉通りの武将です。そんな光秀をイメージした桔梗の花の香りは、上匂いで光秀の清廉さと知性を感じさせるみずみずしさと爽やかさを、焚き匂いは一転、甘くエキゾチックで官能的な香りに仕上がりました。

毎日のご供養はもちろん、お部屋の芳香としてもおススメです。

発売日:12月2日
商品名:明智光秀 桔梗の花の香りのお線香
小売希望価格:1000円 (税別)
内容量:約100g
長さ:約135mm 燃焼時間:約25分
小函寸法:W95×L159×H35 mm

※発売後のお買い求めは、全国のスーパーマーケット・ドラッグストア・ホームセンター・仏壇仏具店・雑貨店まで

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
kobayashi

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-ローソク・線香, 葬祭ニュース
-,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.