エンディング産業展2019

岡崎Masons(おかざきめいそんず) 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

岡崎Masons(おかざきめいそんず)2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

岡崎Masons(おかざきめいそんず)岡崎Masons(おかざきめいそんず)は、愛知県岡崎市の有志の9社が集まった、若手の石材加工集団だ。 石の三代産地である岡崎市では石の需要が減少傾向にあり、危機感を持った若手の職人が集まって去年結成された。 各種ストーンフェアへの出展や、集団内での情報交換などが主な活動内容である。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

今回のブースで大きく打ち出したのは、役目を終えた墓石などをリメイクして新しく生まれ返させる『Remember』だ。墓をそのままにはしておけないけれど、全て無くなってしまうのは寂しい、偲びないという想いに応えるために作られた。 リメイク後はペットの置物や花器などに生まれ変わる。工場では作業工程の写真が収められながら作業が進められるので、完成品が確かに施主の石から作られているということが実感できる仕組みになっている。

他社との違いや今後の予定・目標

墓じまいの流れが強まっている現在、墓をリメイクして負担の少ない形でいつも身近に置いておける環境を作るという方法は一つの有効な提案である。若い世代のエネルギーで、今後も新たなものづくりの可能性を探っていく。岡崎Masons(おかざきめいそんず)

岡崎Masons

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

碑文谷創の葬送基礎講座 1

「葬祭業」の誕生 大都市と地方の差 「葬祭業の誕生」は日本の近代化と共に始まりました。 「葬祭業の出自」ということで見れば江戸後期にさかのぼることができます(早桶屋、桶屋、葬具貸し出し業)。 しかし、 ...

2

今回、世界最大のイベントCESへの参加を試みた。 CESとは CESとは、ネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市で、最先端の技術が結集している展示会である。 展示期間:2020年1月7日~10 ...

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.