サービス 葬祭ニュース

葬儀業界初※!増加する“供花のお礼”ニーズに応える供花専門の返礼品サービス「GIFT SELECTION CATALOG -供花/供物 返礼品-」を開始

投稿日:2019年6月24日 更新日:

ライフアンドデザイン・グループ
 
 社会の変化に対応したイノベーティブなライフエンディングサービスを提供するライフアンドデザイン・グループ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:村元 康、以下ライフアンドデザイン・グループ)は、カタログギフトのハーモニックと協業し、6月24日より業界初となる供花専門の返礼品事業「GIFT SELECTION CATALOG -供花/供物 返礼品-」を開始しますのでお知らせします。

 「供花(きょうか)」とは、葬儀にあたりお悔やみの気持ちを込めて故人に供える生花です。これまでの葬儀では、「供花は故人へのお供えであり、”故人の家族の急な不幸による出費への援助”という意味のある香典返しとは異なるため、お礼の品物をお渡しする必要はない」という考えが一般的でした。
 しかし、年間7,000件近くの葬儀を執り行うライフアンドデザイン・グループ傘下の葬儀社での顧客アンケートによると、意外にも以前はあまり重視されていなかった、供花に対する返礼品についての問い合わせが多いことが分かりました。
 そこでこの度、「通夜・会葬返礼品や香典返し同様に、供花を頂いた方へ感謝の気持ちとして何かお返しをしたい」というニーズに応えるため、供花専門の返礼品サービス「GIFT SELECTION CATALOG -供花/供物 返礼品-」を開始します。「GIFT SELECTION CATALOG -供花/供物 返礼品-」では、カタログギフト専門のハーモニックと提携し、「供花」へのお返しにフィットしたテーマ性のあるカタログギフトを新規開発しました。送り元・供花の大きさ・金額感に合わせて選べる全2種のカタログギフトを供花返礼品として贈ることができます。
 これからもライフアンドデザイン・グループは、社会の変化に素早く対応しイノベーティブなサービスを提供することでライフエンディング・ステージに変革をもたらし、すべての人々のライフデザインをサポートすることを目指してまいります。 ※自社調べ

【供花専門の返礼品サービス「GIFT SELECTION CATALOG -供花/供物 返礼品-」について】
 今回、年間7,000件にのぼる葬儀件数を扱う当社ならではのスケールを活かし、カタログギフト専門のハーモニックと提携し、「供花」へのお返しにフィットしたテーマ性のあるカタログギフトを新規開発しました。

<カタログギフト種類>
供花/供物K 10,800円

供花/供物R 4,800円

【近年の供花返礼品にまつわる業界トレンドについて】
ライフアンドデザイン・グループ 代表取締役社長 村元康

 「これまで業界では、供花のみ頂いた場合のお返しは「お返しは必要なく、お礼状のみお送りする」「お返しはしてもしなくてもどちらでも良い」「香典返しと一緒にお返しを贈る」など様々な見解がありましたが、「供花は故人へのお供えのため、故人の家族の急な不幸による出費への援助という意味のある香典返しとは異なり、お礼の品物をお渡しする必要はない」というのが一般的でした。

 一方で、ライフアンドデザイン・グループ傘下の葬儀社での葬儀担当者への聞き取りや、顧客アンケート、インターネットリサーチなどから、「お花を出してもらった方へのお礼はどうしたらいいの?」といった問い合わせが多い事が判明しました。現代の一般的な消費者の感覚としては、供花を頂いた方へ感謝の気持ちとして、通夜・会葬返礼品や香典返し同様に、何かお返しをしたいというお気持ちが多くあると考えています。これらの顧客の意識変化に対応して、当社グループでは、日本で初めて「供花専門の返礼品事業」をスタートさせるに至りました。供花へお礼の気持ち・想いをこめて返礼品を贈るということが、新たな葬儀の選択肢として広がり、より多くの方の多彩なニーズを満たしていくことを目指しています。」

【ライフアンドデザイン・グループ 会社概要】
 ライフアンドデザイン・グループは創業以来、葬儀業界に特化したコンサルティング事業を軸に、古い体質が残り実体が見えにくい葬儀業界の中で、「パッケージされた分かりやすいサービス」「家族葬など小規模葬儀に特化」「低価格だが高品質のおもてなし」「出店スピードの速さ」などを強みに事業を拡大してきました。
 またライフアンドデザイン・グループは3月22日付で社名及び企業ロゴを一新いたしました。これからは「葬儀」に留まらず、人々が“人生をデザインする”フェーズで生まれてくる新たなニーズや社会変化にいち早く着目し、変化に対応したイノベーティブな商品・サービスを提供することで、すべての人々のライフデザインをサポートすることを目指していきます。

社名 :ライフアンドデザイン・グループ
    ※旧社名「エルアンドイ―ホールディングス」
所在地 :東京都中央区日本橋3丁目13番5号 KDX日本橋313ビル 7階
代表 :村元康
設立 :2016年7月
TEL :03-3516-2877
FAX :03-3516-2878
事業内容 :株式を保有する当該会社の事業活動の管理
      経営コンサルタント業
      インターネットを利用した情報提供サービス業
      冠婚葬祭に関する情報の提供、仲介及び斡旋業
      職業紹介事業(厚生労働大臣許可番号 13-ユ-310037)
従業員数 :463名(平成31年3月期) 
売上高 :5,558百万円(平成31年3月期) ※従業員数、売上高は当社子会社との連結値になります。
URL :https://ladg.co.jp/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.