葬具・商品 葬祭ニュース

偲ぶ想いに。お供えの新しいスタイル 『仏花・供花ハーバリウム』が Glanet collectionより新発売

投稿日:2018年7月30日 更新日:

カイト

カイト(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤 崇)は、グリーン事業Glanet collection -New Work-内で、お供えの新しいスタイルとして、植物インテリア『仏花・供花ハーバリウム』の販売を開始しました。

■ハーバリウムとは?
ハーバリウムとは、花材と専用オイルをガラスボトルに入れ、植物標本として保存する方法のこと。専用オイルの働きにより花材が腐らないため、花の美しさをいつまでも楽しむことができます。ハーバリウムが注目されたのは2017年ごろから。おしゃれなインテリア雑貨として女性を中心に人気を集め、今後は仏花や供花の代わりに手間のかかららないハーバリウムの需要が高まると考えられています。

▶︎仏花ハーバリウム の特徴
・枯れずに長持ち
・水やり不要
・イヤな虫、匂いの心配なし
・お手頃価格
一年以上美しさが持続するので、毎週生花の仏花を購入されているお客様の場合、8分の1にコストを抑えることができます。
・場所を選ばない手頃なサイズ
直径5センチの円柱状の瓶で、大・中・小の3サイズでご用意。
コンパクト仏壇のご家庭や、ペット仏壇へのお供えとしてもご提案いただけます。

▶︎Glanet collectionのハーバリウムの特徴
高いデザイン性にこだわり、一点一点手作りで製作。
弊社ブランド「グラネットコレクション」がこだわっているのはデザイン。
花材の美しさと透明感を最大限に引き出したデザインです。
様々なブランドからハーバリウム が販売されておりますが、弊社ハーバリウム のデザイン性の高さは一目瞭然。ぜひ、「グラネットコレクション」のサイトでご確認ください。
(以下リンクでご覧いただけます。)
https://goo.gl/vshDXy

■商品ラインナップ
商品名:仏花ハーバリウム <大瓶セット> 
価格:¥6,600 税込
購入ページ:https://glanetcollection.net/items/5b35f3ac50bbc36cfa005603
商品名:仏花ハーバリウム <中瓶セット>
価格:¥5,200 税込
購入ページ:https://glanetcollection.net/items/5b35f45f50bbc3677d0021cc

商品名:仏花ハーバリウム <小瓶セット>
価格:¥4,400 税込
購入ページ:https://glanetcollection.net/items/5b35f520a6e6ee40000010ee

■Glanet collectionとは
公式サイト:http://glanetcollection.com/
『Glanet collection -New Work-(グラネットコレクション ニューワーク)』は、東京に新しい森を創造することを目指すこと”TOKYO 5% GREEN”をミッションに掲げ、東京のマンションのベランダへ、オリジナルのインテリアグリーンを提案しています。

■会社概要
名称:カイト ( http://cayto.jp/ )
代表:代表取締役CEO 後藤 崇
住所:東京都港区西麻布1丁目14-15-3F
設立:2008年4月
資本金:8,747万円(資本準備金含む)
事業内容:グリーン事業「Glanet collection」/ MBaaS事業「itemstore」

【写真はこちらからもダウンロード頂けます】
https://drive.google.com/drive/folders/1_osQVbA4SzHQclsjbIOkXpHQNGVgM8tK?usp=sharing

ValuePress!より転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-葬具・商品, 葬祭ニュース
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.