エンディング産業展2019

亀川石材店 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

亀川石材店2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

(有)亀川石材店は、神奈川県足柄で採れる本小松石という最高級の石を扱う石材店である。採掘と加工の事業を合わせて行なっている。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

今回のイベントで大きく打ち出しているのは、東京のコンパクトな墓地に合わせて作られた『東京五輪塔』だ。五輪塔とは、主に供養塔やお墓として使われる塔ノ一種である。本小松石の墓が仕舞われる際にリメイクして作られたより小さめの家庭内用の五輪塔もあり、亡き人を身近に感じながら生活することができる。

他社との違いや今後の予定・目標

亀川石材店の強みは、『むしり仕上げ』の技術だ。むしり仕上げは平安時代から続く伝統の技術で、ノミとセットウと呼ばれる工具を使って一打一打根気よく叩いて作っていく。もっとも五輪塔が美しいと言われる鎌倉時代の重要文化財を数多く見て研究した代表の亀川洋さんが、石の一大産地である岡崎市の石屋への4年間の修行により習得した。こうして丁寧に叩き上げられた五輪塔は、なんとも言えない素朴な味わいが生まれる。

(有)亀川石材店
http://www.kamegawa.co.jp

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.