遺品整理 企業紹介

リバイバル(一般社団法人 人材育成自立支援機構)

投稿日:

企業紹介

リバイバル サイトトップページ

一般社団法人人材育成自立支援機構が運営する遺品整理・ゴミ屋敷・不用品回収のサービス。

資格を持つ遺品整理士が在籍し、遺品整理士認定協会の地区統括会員となっている。

ゴミ屋敷清掃と遺品整理を得意とし、特殊清掃にも対応可能。

対応エリアは、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県。

会社概要

社名一般社団法人 人材育成自立支援機構
代表者名石崎 裕史
住所埼玉県越谷市下間久里60-1
事業内容・古物の買取・販売 ・不用品回収 ・生前・遺品整理
創立平成25年12月5日
資本金
従業員数

 

本社地図

 

 

サービス紹介

 

遺品整理

料金は1K 35,000円から。現物を見て査定したうえで、買取可能なものがあれば作業代から料金を差し引くことができる。

遺品整理と一緒に、貴重品の探索、庭の草刈りなども対応可能。遺品整理後に家の解体を希望する場合は、提携の解体業者を紹介してもらえる。

特殊清掃にも対応可能。

 

ゴミ屋敷清掃

様々なゴミ屋敷を清掃・片付けしてきた経験があり、ゴミ屋敷の清掃を得意としている。足の踏み場もないほどのゴミ屋敷を丁寧に1つずつ清掃を行う。

 

不用品回収

お得なトラックパックプランがある。トラックの大きさや、作業内容により料金プランが変わる。

男性ばかりでは不安等がある1人暮らしの女性やご高齢者向けに、オプションで女性スタッフ同乗プランをつけることもできる。

見積り・相談は完全無料。

 

埼玉県での遺品整理についてはこちらもご覧ください
遺品整理業者を比較【埼玉編】

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-遺品整理, 企業紹介

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.