その他 葬祭ニュース

ラジオ大阪「終活ラジオ ソナエ」スタート 誰もが迎える「その時」への準備を考える 毎週土曜放送

投稿日:2018年4月20日 更新日:

産経新聞社

産経新聞社が発行する終活読本「ソナエ」編集部は、ラジオ大阪(大阪市港区、OBC、1314kHz)で4月からスタートした新番組「終活ラジオ ソナエ」に全面協力し、さまざまな終活の話題を提供していきます。

家族葬の普及など葬儀の簡素化や、納骨堂、樹木葬などお墓の多様化の時代を迎え、「終活」への関心は高まっています。関西圏AMラジオのリスナー層は男女とも60代。まさに、自分自身や大切な人のために、「その時」への準備が必要になる世代といえるでしょう。

番組では、「ソナエ」で紹介している記事をもとに葬儀、お墓から遺品整理、健康、相続など、終活全般について、毎回わかりやすくお伝えします。

小池可奈小池可奈

 

■「終活ラジオ ソナエ」
放送期間:平成30年4月14日スタート
放送時間:毎週土曜午前8時30分~8時45分(15分番組)
パーソナリティ:小池可奈(フリーアナウンサー)
赤堀正卓(産経新聞社「ソナエ」統括部長)ほかソナエ編集部
放送形式:録音番組

■終活読本「ソナエ」
平成24年創刊の終活専門季刊誌。年4回発行。葬儀・お墓・保険・遺言・エンディングノート・老齢資金の残し方…「死」をタブーにすることなく直視し、明るく生きるための情報をあらゆる角度から提供します。お求めは全国の書店で。
ソナエ公式サイト
http://www.sankei-books.co.jp/sp/sonae/

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-その他, 葬祭ニュース
-, , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.