セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

【11/30】老舗業者が葬式の基本がわかる終活セミナーを開催。都筑区仲町台駅メモリアルアートの大野屋

投稿日:

2019年11月30日(土)に、『メモリアルアートの大野屋』が家族葬専用式場『フューネラルリビング横浜』で「押さえておきたい お葬式の基本の流れ」をテーマにしたセミナーを開催する。

『メモリアルアートの大野屋』は葬儀、お墓、仏壇等、仏事全般をコーディネートし、創業80年の老舗葬祭業者。セミナーでは葬式を知り尽くした同式場スタッフが、葬儀や終活について分かりやすく解説する。

無料で参加だが要予約。問い合わせは0120-02-8888(フリーダイヤル)まで。(葬研編集部)

内容は以下の通りだ。

当日は一般葬や家族葬、一日葬など多様化する最近の葬儀事情から、なかなか聞きにくい葬儀費用のことまで、葬式を知り尽くした同式場スタッフが分かりやすく解説。さらに、ご臨終以降にしなければならない葬儀及び公的手続きを紹介したオリジナル冊子「もしもの時しなければならない100項目」も参加者に配られる。終活活動中の人も初心者でも目からウロコの情報が満載だ。

 セミナー後は個別に質問を受付。さらに、会場のフューネラルリビング横浜は家族葬専用式場につき、セミナー後の見学も可能だ。また、横浜市営斎場での葬儀の手伝いも受け付けている。「ご家族、友人と気軽にご参加ください」とスタッフ。

引用元:神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙タウンニュース

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
kobayashi

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.