エンディング産業展2019

フルーツワールド 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

フルーツワールド2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

籠盛りの製造・販売を手掛ける。商品の製造販売から派生する人財の育成や派遣・運搬業も事業化している。商材はホー式祭場での利用を想定した花かごシリーズ「スチール」、自宅での利用を想定した「プラカゴ」、オーソドックスな「リング」、コンパクトで軽量な「プチバスケット」、お盆用の「盛篭ものがたり」、クマのぬいぐるみを盛篭にした「メッセージベアー」など。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

祭壇の横に生花を供える地域と、かご盛りを供える地域が存在する。従来は地元の果物店、八百屋などが作っていたが、個人商店が激減したため弊社がカバーするようになり、新感覚のかご盛りとして再注目されている。

他社との違いや今後の予定・目標

一時期、果物のかご盛りは生花に押されて衰退していたが、弊社が中身を変え、さまざまなチョイスができるようにし、生花を現代的なセンスの洋風の造花に変えてアレンジしたところ、人気が盛り返している。特に沖縄地方で展開したところ、「新しいスタイル」として好評を得ている。もっと全国的に広めていきたい。人気があるのはバラエティセットや飲料セット。またかご盛りを、受注後即発送できるシステムも、弊社だけ。

フルーツワールド
http://www.fruitworld.co.jp

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

碑文谷創の葬送基礎講座 1

「葬祭業」の誕生 大都市と地方の差 「葬祭業の誕生」は日本の近代化と共に始まりました。 「葬祭業の出自」ということで見れば江戸後期にさかのぼることができます(早桶屋、桶屋、葬具貸し出し業)。 しかし、 ...

2

今回、世界最大のイベントCESへの参加を試みた。 CESとは CESとは、ネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市で、最先端の技術が結集している展示会である。 展示期間:2020年1月7日~10 ...

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.