サービス 葬祭ニュース

日本で唯一、ちゃんとした「ペット葬儀」を執り行うフランセス・メモリアルが火葬中心のペット葬儀の在り方、考え方を変えていきます!

投稿日:2017年8月7日 更新日:

まずは8 月20日(日)開催の「夏の慰霊祭」に是非お越しください。

 こころ音
日本で唯一のペット専門セレモニー会場、フランセス・メモリアルを運営するこころ音(所在地:東京都八王子市 代表取締役:佐藤 儀範)は、展開しているペット葬儀、納骨のサービスを「ペット終活」に特化させ大幅強化。大切なペットを失った飼い主様の心をケアし、明るく前向きなお別れができるよう演出してまいります。今後はサービスの拡充を行いながら、大型イベントへの参加や講演会を実施。フランセススタイルのペット葬儀の大切さ、ペットロスを未然に防ぐための情報発信活動に注力し、火葬が主流のペット葬業界にちゃんとしたペット葬儀の定着を目指します。

ペットロスはお別れの仕方で未然に防げます。

愛犬家、愛猫家のみなさん、愛する家族の一員だからこそちゃんと葬儀をしませんか?

・ペットのお葬式≠火葬

一般的にペット葬儀というと、いわゆる火葬前提のサービスとして多くの方が認識されているのではないでしょうか。しかし人間に置き換えてみてください。一般的に家族やお世話になった方と悲しみを共有する「お通夜」や「葬儀」が火葬とは別に執り行われます。ペットとの別れはどうでしょう?火葬のみで場合によっては簡易的なお経が読み上げられるものが主流で、死を悼むということが習慣化されていません。

・フランセス・メモリアル が提供する本来のペット葬儀

フランセス・メモリアル で執り行う葬儀は、飼主様の心のケアを第一に考えます。大切な家族との別れが「悲
しい」という感情のみで終わってしまうと、前に進むことが困難になります。広い空間で、色鮮やかな生花に囲まれ、楽しげな歌声に包まれることをきっかけとして、悲しいけれども前向きになっていただき、そして最後には笑顔で家路についてもらえるような、そんな葬儀を心掛けております。これがフランセススタイルであり、本来の葬儀のあるべき姿と考えます。

・8月 20日(日)は夏の慰霊祭

フランセス・メモリアルは最大100 名を収容できるセレモニー会場の特色を活かし残された飼い主様がペットの死と向き合い、前向きになれるための「ペット終活」に力を入れております。 8 月20 日(日)にはフランセス・メモリアルの活動、考え方を体験いただける夏の慰霊祭が開催されます。見学だけでも歓迎いたしますので、メディア様、このリリースをご覧になった一般の方もお気軽にお越しください。

・夏の慰霊祭
開催日時 2017 年8 月20 日(日)14:00 ~
(受付開始13:30)
開催場所 フランセス・メモリアル
東京都八王子市散田町2-7-32
問い合わせ先 042-673-2951
※献花される場合は5.000 円別途ご用意ください。

・こころ音からのコメント
私たちの考える葬儀とは、「ちゃんと葬儀をしよう」ということです。葬儀とは本来の宗教・宗派によって異なりますが、読経又は祭詞、奉唱、聖書の朗読、祈祷、焼香、出棺、火葬を行うことかと思います。火葬のみは火葬です。葬儀の中のひとつです。例えば、生前散歩コースで仲良くなったお友達や、この子が懐いていた方も呼んで見送りたい。お花やキャンドルに包まれて可愛く綺麗に彩ってあげたい。この子の為の場所と時間を作って弔いたい。お出かけするときに車の中で一緒に聴いていた音楽で見送りたい等、この子と遺族が前向きに歩みだせるキッカケを作る儀式が「葬儀」と考えます。ここを軽視して、現在の略式にしすぎると、「もっとこうしてあげればよかった」ということから抜け出せず、長くペットロスに苦しむことに繋がっているのかと思いますので「ちゃんと葬儀をする」ということが大事かと思っています。我々がペット業界でするべきことは、今まで蓋をされていたペットエンディングサービスの蓋を割り、ペットオーナーに知って頂くことからだと思っています。エンディングサービスを多種多様な角度からペットオーナーとペットに業界全体でバックアップできるようになれば、よりよいペットライフが過ごせるかと確信していますので、我々の想いを唱え続けたいと思います。

・運営会社
会社名: こころ音
代表取締役:佐藤 儀範
本社:〒193-0832 東京都八王子市散田町2-7-32
URL:http://kokolone.com

<本リリースに関するお問合せ先>
マーケティングセバスチャン
担当:阿部
TEL:03-6303-1103
FAX:03-5434-5587
E-mail:abe@mksjapan.com

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.