遺品整理 葬祭ニュース

【生前整理・遺品整理】建設テックのクラッソーネと株式会社リリーフが業務提携

投稿日:2019年11月6日 更新日:

~解体工事の専門家と家財整理のプロのタッグにより空き家相続の困りごとを一気通貫で対応可能に~

株式会社クラッソーネ

株式会社クラッソーネ(愛知県名古屋市 代表取締役:川口哲平、以下「当社」)と、株式会社リリーフ(兵庫県西宮市 代表取締役社長:赤澤正人、以下「リリーフ」)は、両社のお客様の「豊かな暮らし」を実現することを目的に、業務提携契約を締結しましたので、お知らせいたします。

当社は、解体工事と外構(エクステリア)工事領域で、全国約2,400社の専門工事会社と施主様をマッチングするプラットフォーム「くらそうね解体」「くらそうねエクステリア」を運営しています。工事を依頼したい施主は、「くらそうね解体」や「くらそうねエクステリア」を利用することで、複数の専門工事会社から一括で見積もりをとることができるほか、専門家によるコンサルティングを受けることができます。解体工事や外構工事の多重下請け構造を解消し、施主と専門工事会社をダイレクトマッチングすることで、直接依頼が実現し、施工費のコストダウンが実現する点が最大の特長です。これまでに、累積で50,000件を超える見積もり相談の実績があります。

リリーフは、生前整理・遺品整理・残置物撤去などのおかたづけサービスを展開しており、累積で7,000件以上の実績があります。見積もりから作業当日まで同じスタッフが責任をもって担当するサービス品質を強みに、お客様満足度 は96%以上を誇ります。(リリーフ アンケート調べ)

昨今「くらそうね解体」では、相続等に伴う空き家解体工事の依頼が増えており、解体工事の相談時に、建物内の残置物撤去の相談をいただくケースが多くなっています。一方、「リリーフ」も家財整理の依頼の中で、建物の空き家解体工事の相談が増えています。また、家財の処分は、施主が一般廃棄物として処理する必要がありますが、施主及び解体工事会社の故意または過失により、産業廃棄物と一緒に運搬・処分される事象が散見されており、国からも是正が求められています。

今回の提携により、「くらそうね解体」のお客様を「リリーフ」に、「リリーフ」のお客様を「くらそうね解体」に相互に紹介することで、空き家相続に伴う困りごとである、家財整理から解体工事を、一気通貫で安心してお任せいただけます。

社会の課題と、お客様の不安を解決する企業として、これからもお客様満足度をさらに高めることを目指してまいります。

株式会社リリーフについて(会社概要)

東北・関東・北陸・東海・関西・沖縄の18都府県で、生前整理・遺品整理・残置物撤去・特殊清掃などのおかたづけサービスを展開しています。
https://relief-company.jp/

本 社: 〒663-8142 兵庫県西宮市鳴尾浜2丁目1番26号
代表者: 代表取締役社長 赤澤正人
設 立: 1960年
資本金: 50,000,000円

株式会社クラッソーネについて(会社概要)

解体工事と外構(エクステリア)工事領域で、全国約2,400社の専門工事会社と施主様をマッチングする一括見積もり・コンサルティングサービス「くらそうね解体」「くらそうねエクステリア」「くらそうね」を運営しています。
https://www.crassone.co.jp

本 社: 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目7番30号 名駅東ビル4F
代表者: 代表取締役 川口 哲平
設 立: 2011年4月1日
資本金: 152,985,000円(資本準備金含む)

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
kobayashi

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-遺品整理, 葬祭ニュース
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.