アンケート調査・Q&A 葬祭ニュース

お葬式の香典に関するアンケート調査を実施【石材業界唯一の経産省公認団体である「全国石製品協同組合」】

投稿日:2017年3月23日 更新日:

全国石製品協同組合(以下 全石協)(東京都港区、理事長 太田明)では、香典の額に関するアンケート調査を実施し、得られた回答結果の概要をまとめました。
全石協
全国石製品協同組合(以下 全石協)(東京都港区、理事長 太田明)では、香典の額に関するアンケート調査を実施し、得られた回答結果の概要をまとめました。
【アンケート結果サマリー】
 全体で、香典の金額は3,000円以上5,000円未満が最も多い。
 地域別では、関東は香典額が高い傾向が見られた。
 年代別では、30代男女は3,000円未満という回答が最も多く、他の層と比較して突出した結果となった。
 男女別では、「ご近所の方」の場合は、ほぼ同じ傾向が出ているが、「会社の同僚のご両親」「友人のご両親」の場合は、男性に比べ女性の香典額が低い傾向が明確に表れている。
― “香典”に関するアンケート調査概要 ―
【調査対象】全国 30代以上 男女
【調査期間】2017年2月1日~2月8日
【調査方法】インターネット調査
【有効サンプル数】 2,613名【調査結果概要】
■関係別
≪近所の方の場合≫
葬式に参列した時の香典の金額を調査したところ、近所の方の場合3,000円以上5,000円未満が34.9%。次いで3,000円未満が24.2%、5,000円以上7,000円未満が20.0%という結果になった。

 

≪会社の同僚のご両親の場合≫
会社の同僚のご両親が亡くなった場合の香典金額は、3,000円以上5,000円未満が31.4%、次いで5,000円以上7,000円未満が22.4%、3,000円未満が20.7%となった。

≪友人のご両親の場合≫
友人のご両親が亡くなった場合の香典金額は、3,000円以上5,000円未満が28.2%、次いで5,000円以上7,000円未満が22.4%、3,000円未満が18.5%となった。

■地域別
地域別での香典額を比較したところ、全体的に3,000円以上5,000円未満の割合が多い中、関東の香典額が比較的高い傾向が見られる。
【黄色:1位、青:2位】

【黄色:1位、青:2位】

■年代別
年代別にみると、3,000円以上5,000円未満が主流となる中、30代男女及び40代女性では3,000円未満がトップとなっている。また、「会社の同僚のご両親」「友人のご両親」の場合は、年代が上がる程、香典額が増加する傾向がみられた。
【黄色:1位、青:2位】

■男女別
男女別では、「ご近所の方」の場合は、ほぼ同じ傾向が出ているが、「会社の同僚のご両親」「友人のご両親」の場合は、男性に比べ女性の香典額が安い傾向が明確に表れている。

【黄色:1位、青:2位】

《まとめ》
葬儀に参列する機会が比較的多いとされている「ご近所の方」「会社の同僚のご両親」「友人のご両親」の香典額は、3,000円から5,000円が相場であるという結果となった。また、30代と40代以降で明確に金額の差が表れることと、「会社の同僚のご両親」「友人のご両親」の場合は、男女の香典額に明確な違いがあることが判った。
全国石製品協同組合では、葬儀に参列する際、知人、友人にも聞きづらく最も頭を悩ませる「香典額」に関するアンケート調査をはじめとして、仏事のしきたりや慣習に関しての疑問や悩みの解答となるような情報を発信することで、生活者のサポートとなるような活動を進めてまいります。

◆「全国石製品協同組合」(全石協)とは
全国石製品協同組合(全石協)は、全国47都道府県の石材会社及び同関連会社が結集し強力な組織化と連携のもと石材業界の指導的役割を担うとともに、消費者ニーズへの的確な対応と石材業界の健全な発展を目指す団体です。全国石製協同組合では、日本人が大切にしてきた供養文化を守るべく、消費者に正確な情報をご提供し、石材業界の健全な発展を目指してまいります。

【商号】全国石製品協同組合(経済産業省認可 2012004情第5号)
【設立】 2012年11月22日
【所在地】 東京都港区芝大門2丁目9番14号5階
【URL】http://zenseki.or.jp/
【運営サイト】いいお墓探し!お墓の引越しドットコム
http://www.ohakanohikkoshi.com/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-アンケート調査・Q&A, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.