サービス 葬祭ニュース

メモリアルアートの大野屋が同社初の試みとなるPRアニメーションを製作 2017年1月23日(月)から公開!

投稿日:2017年1月23日 更新日:

~“供養”の本質をユーモアあふれるパラパラ漫画ムービーで表現~

メモリアルアートの大野屋

 

仏事関連総合サービスのメモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可、以下大野屋)は、お墓や葬儀、お仏壇に加え、仏事のマナーや季節行事のしきたりにいたるまで様々なシーンで皆様の供養の気持ちをサポートし、ご相談にお応えしています。大野屋はこの度、PR動画として“供養の本質”をテーマにしたアニメーションコンテンツを製作、動画配信サイトYouTube並びに自社ホームページ(http://www.ohnoya.co.jp)等で2017年1月23日(月)より公開致しました。

【動画製作の背景・目的】

従来の、死や葬送、供養全般に対する「悲しい」「暗い」といったイメージを払拭するとともに、“供養は故人のためだけではなく、残された家族が死を受け入れ、前向きに生きていくための「支え」になるものである”というメッセージを広く伝えるため、臨終~葬儀~納骨・墓参りの一連の流れを、親しみやすく温かなタッチのパラパラ漫画を活用して表現しています。四十九日の時の流れを刻む「49日計」、SNSを使いこなす死神などファンタ
ジックな要素も織り交ぜながら、主人公の男性とご遺族を中心とした誰しもいつか経験する「喪失と再生」の物語を描いています。

【ストーリー概要】

病院で自分が看取られている様子を操作式モニターで見ている男性。
隣には死神がいる。葬式で遺族が悲しむ姿にショックを受け、死神はいつものことだという感じでスマートフォンを操作し、SNS「Deathbook」に「今日で700人目の付添担当」と投稿。主人公はモニターに向かって叫ぶが、
もちろん声は届かない。最初は落ち込む主人公だったが…

■パラパラ漫画ムービーは下記よりご覧いただけます。 

※1月23日(月)より公開開始

 

 

 

 

 

お墓、葬儀、お仏壇に加え年中無休のテレホンセンターでの仏事相談など、仏事に関する総合的なサービスを手掛ける大野屋は、大野屋の使命である「故人への供養のお手伝いを通じて、お客様のこころを癒し続けること」に基づき、故人と残されたご遺族に寄り添い、今後もお客様の様々なニーズにお応えすべく、サービスの充実に努めてまいります。

◆大野屋の動画コンテンツについて◆
~公式YouTubeで仏事に関する様々な動画コンテンツを配信中!~
お墓やお葬式、お仏壇のことに加え、仏事のマナーや季節行事のしきたりにいたるまで様々なシーンで皆様のご供養の気持ちをサポートし、ご相談にお応えしているメモリアルアートの大野屋では、「お墓掃除の仕方」「仏壇のお手入れ方法」など、仏事に関するお役立ち情報を動画で詳しくご紹介しています。
また、霊園紹介や、大野屋が企画・開発を手掛けている手元供養商品「Soulシリーズ」の商品紹介やお手入れ方法などのご案内も行っております。
メモリアルアートの大野屋 公式YouTube (https://www.youtube.com/user/ohnoyacojp)
 

 

 

― メモリアルアートの大野屋の仏事相談(無料)/情報提供について ―
冠婚葬祭のしきたりやマナー、仏事全般に関するご相談に電話やメールを通じて365日・無料でお答えする「大野屋テレホンセンター」のほか、SNSなどを通して仏事に関する様々な情報提供をおこなっております。

◎仏事の相談窓口「大野屋テレホンセンター」TEL:0120-02-8888(年中無休9:00~20:00)
→「仏事まめ百科」、「仏事Q&A」(よくある質問と回答をご紹介)
◎「メモリアルアートの大野屋 Facebook」(http://www.facebook.com/ohnoya

=========================================================
メモリアルアートの大野屋は、1939年に石材店として創業以来77年にわたり、
お葬式、お墓、手元供養、無料仏事相談など、仏事に関する総合サービスを提供しています。
ホームページ http://www.ohnoya.co.jp/ フェイスブック http://www.facebook.com/ohnoya
=========================================================

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.