その他 葬祭ニュース

日本最大級の老人ホーム検索サイト『LIFULL介護』介護・老後の不安に寄り添うオウンドメディア「tayorini」運営開始

投稿日:2018年11月22日 更新日:

LIFULL

総掲載物件数No.1の不動産情報サイト「LIFULL HOME'S」等の住生活情報サービスを提供するLIFULL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上 高志、東証第一部:2120)の子会社であるLIFULL senior(代表取締役社長:泉 雅人)は、”介護が不安な、あなたのたよりに”を合言葉に、2018年11月よりオウンドメディア「tayorini(たよりに)」の運営を開始いたしました。
「tayorini」 by LIFULL介護
URL: https://kaigo.homes.co.jp/tayorini/

■オウンドメディア「tayorini」の概要
オウンドメディア「tayorini」は、誰もが抱える介護の問題や自身の老いに対する不安が軽くなるような情報を発信し、ご利用いただいた方が積極的に介護や老後について調べたくなるようなサイトです。
高齢化社会となり、介護の問題や自身の老いは、避けて通れない状況です。しかし、実際には、介護の問題への対処方法が分からず、多くの方が漠然とした不安を抱えています。オウンドメディア「tayorini」は、介護を経験したブロガーやエッセイストによる手記や、最新技術を介護の世界に活かそうとする識者への取材など、介護にまつわる多彩なコンテンツを発信し、介護のことを、より身近に感じることで明るく思える社会を目指します。

■掲載記事の紹介(一部)
「AIは、超高齢社会の何を変えるか」
AIが超高齢化社会において、どのような変化をもたらすのかを、「みんなの認知症情報学会」理事長であり、静岡大学教授の竹林洋一先生にインタビュー。竹林先生が取り組んでいる、認知症介護へのAIの活用について伺いました。
https://kaigo.homes.co.jp/tayorini/ai_kaigo/001/

「岡崎さんちのダブルケア~父さん&たーくんの日常」
認知症の父の介護生活を書いたエッセイ『笑う介護。』(成美堂出版)など、介護にまつわるさまざまな著作を持つエッセイストの岡崎杏里さん。お子さんが誕生し、ダブルケアとなった現在、その日常の悲喜こもごもを、4コママンガつきのエッセイで綴ります。
https://kaigo.homes.co.jp/tayorini/okazaki/001/

「世界の見え方が変わる『認知症スイッチ』」
認知症の人は何もできない、わからないというイメージをもたれがち。しかし、認知症の人たちは、わたしたちの視点が変わるきっかけ(スイッチ)を与えてくれます。認知症の人が集い暮らすグループホームの管理者、志寒浩二さんが、そこに住まう方から得たメッセージを伝えます。
https://kaigo.homes.co.jp/tayorini/switch/001/

LIFULLグループは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、より多くのみなさまの暮らしを安心と喜びで満たす、住生活情報サービスを提供してまいります。

■ LIFULL seniorについて
LIFULL senior(ライフル シニア)は、日本最大級の老人ホーム・介護施設情報サイト「LIFULL介護」の運営に加えて、「みんなの遺品整理」などのサービス事業を行っています。
今後も「シニアの暮らしに関わる全ての人々が笑顔あふれる社会の仕組みを創る」というビジョンのもと、介護に関する総合情報プラットフォームを目指してまいります。

LIFULL senior
代表取締役:泉 雅人
資本金:5,747万円
事業内容:日本最大級の老人ホーム・介護施設の検索サイト「LIFULL介護」の運営ほか
サービスURL:https://kaigo.homes.co.jp/

■LIFULLについて (東証第一部:2120、URL:LIFULL.com/)
LIFULL(ライフル)は、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1997年に設立した住生活情報サービス運営企業です。主要サービスの不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は総掲載物件数No.1(※)。住まいを中心に介護、インテリア、保険など周辺分野にも事業を拡大し、現在はグループとして世界57ヶ国でサービス提供しています。

LIFULLグループは、「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、世界中のすべての人に、安心と喜びのライフソリューションを提供します。
※産経メディックス調査(2018.1.30)

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-その他, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.