フューネラルビジネスフェア2019

フューネラルビジネスフェア2019 出展企業紹介 (一社)日本遺体衛生保全協会

投稿日:


フューネラルビジネスフェア2019でブース出展されている企業様へ、FBF初日の6月17日葬研編集部がインタビュー実施しました。写真でブースや社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商材

国内のエンバーミング関連会社がほぼ加入して作った。目的は「エンバーミングの正しい認知」「エンバーミング技術の標準化」「将来的に、エンバーマーの公認化を目指し、災害時には公認のエンバーマーを派遣できるようにしたい」。

フューネラルビジネスフェア2019で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

日本では1988年にエンバーミング技術が導入され、現在、全国66カ所に施設があり、年間4万8千体以上(2018年)に処置が施されていますが、いまだに認知が広まっていない状況です。その認知度を高めるために、今回のイベントでいろいろな方面に働きかけたいと考えています。

他社との違いや今後の予定

葬儀形態の変化で、家族のみで最後をゆっくり過ごしたいという要望も増え、そうした方たちのためにも遺体を腐敗させないエンバーミング技術の認知が求められている。また大規模な震災時には、自衛隊や警察官が緊急対応的に言体の処置をしなければならない状況がある。その処置の体験がトラウマになり、PTSDに苦しむ人も少なくない。また湯かんは表面しか洗えないため、多くのご遺体がある場所では、感染症の危険も高まる。そこで、エンバーミングのプロが手伝えるような体制を作りたい。昨年から国会議員の勉強会も始めている。

日本遺体衛生保全協会

http://www.embalming.jp/
0463-52-0544
0463-52-0545
神奈川県平塚市田村9-9-16

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-フューネラルビジネスフェア2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.