フューネラルビジネスフェア2019

フューネラルビジネスフェア2019 出展企業紹介 国際葬儀連盟(FIAT-IFTA) 

投稿日:


フューネラルビジネスフェア2019でブース出展されている企業様へ、FBF初日の6月17日葬研編集部がインタビュー実施しました。写真でブースや社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商材

国際間の遺体搬送、国連へのUNESCO・ECOSOCへの参画、
インターナショナル・フューネラル・エクスチェンジプログラム
という人材研修項目も存在。同制度は2018年よりスタート。
ボリビアからの研修生が日本の葬儀事情を学ぶ。

フューネラルビジネスフェア2019で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

全日本葬祭業協同組合連合会と共同でのブース出展。
FIAT-IFTAの加盟国、地域は90ヵ国・地域に及び、
日本の葬儀業界を代表する事業者団体として、
全日本葬祭業協同組合連合会の北島廣氏(全葬連福会長)
が選任。

他社との違いや今後の予定

国際的な連盟ゆえに、ターゲット、客層というものに際限は
最早ないと言える。FIFA-IFTAではUNESCO無形文化遺産に
各国の葬送儀礼文化を登録するために活動をしている。
国際間活動を中心とした人材交換制度、葬儀社、葬祭ディレクター
向けの情報提供なども盛んである。
UNESCO並びに経済及び社会問題全般に関して必要な議決や
勧告等をECOSOCで国連諮問資格が認められている葬儀関係の
団体では唯一の機関である。

国際葬儀連盟(FIAT-IFTA) 

https://www.thanos.org/en

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-フューネラルビジネスフェア2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.