フューネラルビジネスフェア2019

フューネラルビジネスフェア2019 出展企業紹介 ㈱ビー・ハウス

投稿日:


フューネラルビジネスフェア2019でブース出展されている企業様へ、FBF初日の6月17日葬研編集部がインタビュー実施しました。写真でブースや社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商材

ビー・ハウスは、ドムスという遺体保全剤を取り扱っているメーカーである。日本の仏教感を大切にしており、尊厳を保ちつつ、最後までご遺体を綺麗に保ちたいという先代の思いから開発された。遺体保全における新しい発想を展開した企業だ。

フューネラルビジネスフェア2019で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

ドムスは遺体保全剤として、除菌・消臭・遅腐という特性をもっています。従来、変色・臭い・腐敗といった課題を解消するために、御遺体の多くはドライアイスによって保全されてきました。そのため、どうしても御遺体は冷たく固くなってしまいます。そこで、極めて自然なお見送りができるようにという思いから開発された商品がドムスです。

他社との違いや今後の予定

ドムスは、葬儀業界で最初に導入された本格的な遺体保全剤であり、御遺体の側に置くだけで最大5日間の遅腐の効果がある。また、本製品は東日本大震災のとき、監察医が推奨したという背景もあり、信頼性の高さが伺える。従来の遺体保全方法とは違う、全く新しい視点から開発された商品である。

ビー・ハウス

http://www.doms.co.jp/
東京都立川市富士見町6-47-8

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-フューネラルビジネスフェア2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.