フューネラルビジネスフェア2019

フューネラルビジネスフェア2019 出展企業紹介 ㈱シフラ

投稿日:


フューネラルビジネスフェア2019でブース出展されている企業様へ、FBF初日の6月17日葬研編集部がインタビュー実施しました。写真でブースや社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商材

花の仕入れ、切り花の卸し全般、流通までをインターネットで
請け負う。全ての注文がインターネット並びにスマートフォンで
完了が可能。
仕入れに困っている業者の方々にも、ネットで見ていただくだけで
注文まで至れるのが強みである。

フューネラルビジネスフェア2019で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

ブースでは実際に届けられる花の展示はもちろんのこと、
サイトの紹介が中心である。
会員数は6000件を突破し、登録、サイトの利用料は無料。
わかりやすさと手軽さを武器に花の仕入れの手軽さが
大きなアピールポイントである。

他社との違いや今後の予定

主に葬儀団体、葬儀社からの依頼が主であるが、ブライダル
関連の花の用意も請け負う。
葬儀社が在庫や仕入れに困っている際に手軽に仕入れることが
できるようになっていることが最大の強みである。
業者様の展示、仕入れにおける負担を少しでも軽減させることが
できるようにしたいという理念の元、生花の卸し業に精を
出していく所存とのこと。会員数は6000と書いたが現在も
上昇中とのことで、スピードが重要になる時代に一番マッチしている
企業である。

シフラ

https://www.cifra.hanasuta.jp/
03-5646-1187
東京都江東区富岡1-12-8 アサヒビル4F・5F

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-フューネラルビジネスフェア2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.