フューネラルビジネスフェア2019

フューネラルビジネスフェア2019 出展企業紹介 ㈱アゴラ・デザインプロデュース

投稿日:


フューネラルビジネスフェア2019でブース出展されている企業様へ、FBF初日の6月17日葬研編集部がインタビュー実施しました。写真でブースや社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商材

会館建築、各種デザイン、PRと全体の統制を行う。
五感を大事にしたブランディングの確立と、
都度に行われる意識改革を旨とした経営者側と
スタッフ側とによる力の擦り合わせ。
フューネラルビジネスフェアにおいて、セミナーも行っている。

フューネラルビジネスフェア2019で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

美しくデザインされた経営理念「五感ブランディングデザイン」
が目を引く展示だった。カタログ内に載っている会館の写真は
どれもデザイン性が高く、かつ独創的である。
十年以上も継続して参加しているが「今年も来ている」と
来場者に認知させる理由が挙げられていた。

他社との違いや今後の予定

会館のデザインという業界は「型落ち」している感覚が
否めないという。そこに美しさと斬新なデザイン性、
さらに徹底された運営プロデュースを行うことにより、さらなる
シェア率を求めていくことが大事なのだという。
それと他社との大きな違いの一つとして、カタログの
デザイン性の高さ、思わず読んでしまう文字の読みやすさと配置の
巧みさが挙げられる。プロデュース面におけるディスカッションは
とても熱い想いが交錯し合うことになるだろう。

アゴラ・デザインプロデュース

http://www.agoradp.com
03-6455-1464
東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル11F PORTAL POINT

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-フューネラルビジネスフェア2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.