サービス 葬祭ニュース

高齢者の身元保証サービス「ささえ」提供開始しました- 急速に進む高齢化において、預託金がない安心サービスを発表 -

投稿日:2017年3月14日 更新日:

終活コンシェルジュ

終活セミナー及び相談会の企画運営から、高齢者パネルへのマーケティング支援まで、高齢者事業を幅広く手掛ける終活コンシェルジュ(所在地:東京都新宿区、代表理事:斉藤 進)では、急増する高齢のおひとり様が安心して利用できる身元保証サービスを提供開始しました。

■高齢者の身元保証とは

病院や介護施設等の入院・入所にあたり、本人に代わって必要品を調達したり、また、緊急連絡先として登録したり、施設入所中に病院に入院した時には入院手続きを行ったり、治療・手術方針について確認をしたり、本人が死亡した際には身柄を引き取ったり、部屋の退去手続きをしたりする身元引受義務と、入院費や施設利用料などについて本人に代わって支払いをする連帯保証義務を有するものです。

■高齢者の身元保証・サービスにおける問題点

「価格の高さ・不透明さ」

「預託金のリスク・トラブル」

があげられ、価格に対しては「パンフレットを取り寄せたもののよくわからない」「本当にその金額が妥当かわからない」と言った声や、預託金に関しては昨年の日本ライフ協会のトラブルも相まって、内閣府消費者委員会が消費者庁や厚生労働省に対し、預託金の保全措置や契約書のモデル策定といった必要な措置を講じる方向にあるといいます。

■高齢者の身元保証「ささえ」とは

こうした高齢者の声と、高齢者サービスの問題を加味し、終活コンシェルジュでは

「シンプルな料金体系」

「預託金不要」

とし、幅広い方に利用しやすい身元保証サービスをつくりました。

料金はプランが様々あるような分かりにくさは避け、プランはひとつとし、病院や介護施設への入院・入居の際に、ご家族の代わりとなって「連帯保証人」や「身柄引受人」を法人として行います。

入院・入所時の支援はもちろんのこと、施設利用料の不払い時の保証や万が一の身柄の引き取りまで、家族のように対応致します。

また、イントラストと保証契約を締結し、預託金をなくし料金と業務の透明性を図っております。弊会では、生活保護の方々も受け付けていき、「利用したい人が利用できるサービス」を目指します。

■終活コンシェルジュが本サービスを提供する背景

私たち終活コンシェルジュは「4人に1人が65歳以上の高齢者」と超高齢化社会の日本の中でも、10年先を行くと言われている、東京都板橋区高島平の高度経済成長期に建てられた「高島平団地」内に「終活コンシェルジュ高島平なんでも相談室」を設け、日々高齢者と接しております。

※活動日誌が読めるなんでも相談室ブログはこちら

http://nandemocafe.blog.fc2.com/

その中で、数多くの単身高齢者、言わば「おひとり様」がいることを実感しました。

また、急増する高齢化で深刻な問題として、「おひとり様」が増えているにもかかわらず、病院や介護施設等に入院・入所する際に約90%以上の施設で求められて(※1)いるものの、現在提供されている身元保証サービスには「価格の高さ」や「預託金」という不透明さがあり、中には利用したくてもお金が無いから利用できない方も少なくなく、本来利用したい方が利用できるサービスであるべきと考え、本サービスを提供するに至りました。

※1: 公益成年後見センター・リーガルサポート調べ(2013年)

■高齢者の身元保証サービス「ささえ」の概要について

サービス名:シニアの身元保証「ささえ」

内容:病院や介護施設への入院・入居の際に、ご家族の代わりとなって「連帯保証人」や「身柄引受人」を法人として行います。

料金:契約金20万円 保証料:初年度2万円 次年度以降1万2千円 管理費:月額1万円

 

その他、

【シニアの生活支援サービス「おとも」】

用品の購入のお手伝い、お使い、外出等への同伴等

【シニアの死後事務委任サービス「むかえ」】

万が一お亡くなりにあった後のご葬儀及び喪主代行から、埋葬支援、遺品整理代行、役所等への各種諸手続き

 

も、提供しております。

また、生活保護を受けられている方も受け入れし、必要な方が利用できる様に、料金も負担が少ないよう下げて提供しております。

※詳細につきましては、お電話にて資料請求頂ければと思います。

 

尚、3月に墨田区、5月に新宿区で開催する介護事業者様向け無料セミナーでも本サービスと提供する背景にも触れますので、ご興味のある方はこちらもご参考頂ければと思います。

 

■関連セミナー開催概要

イベント名:利用者のトラブル・相談にどう取り組むか

日時及び会場

2017年3月21日(火) 14~16時 墨田区すみだ産業会館9階 会議室4

2017年5月 9日(火) 14~16時 新宿区産業会館:新宿BIZ3階 研修室A

※どちらの会場でも同内容になります。

 

1部 14:00~14:50    「介護職員のためのリスクマネジメント」

講師 外岡 潤 氏(介護福祉系法律事務所 「おかげさま」 代表)

 

2 部 15:00~15:30   「高齢者の問題・相談事例発表」~外部事業者の活用方法~

講師 斉藤 進 氏( 終活コンシェルジュ 代表理事 司法書士)

 

セミナー対象者

居宅支援事業所のケアマネージャー・介護職員の方

老人ホーム等のケアマネージャー・介護職員の方

介護利用者について悩みのある方

 

定員:各会場50名

参加費:各会場無料

お申し込み方法:先着申し込み順 下記にお電話下さい

0120-108-251(平日10~18時)

■終活コンシェルジュの想い

私たち終活コンシェルジュは、「4人に1人が65歳以上の高齢者」と超高齢化社会の日本の中でも、10年先を行くと言われている東京都板橋区高島平の高度経済成長期に建てられた「高島平団地」内にあるコミュニティーカフェ・高島平駅前内に「高島平なんでも相談室」を設け、日々高齢者と接しております。

現在巷では「終活」の認知も進んでおりますが、終活を「人生の終末や死別後に備えた事前準備」とだけで捉えるのではなく、「介護や生活における身の回りの相談等、老後の生活に関する問題」から「老後をより自分らしく、有意義に過ごす為の活動」まで解決することが本来の「終活」だと考えてられており、当団体では「生きているうちにどう関われるか」を主眼とし、現状の高齢者の動向を調査し、より良い生活を送って頂けるような提案ができればと考えております。

 

【 終活コンシェルジュについて】

本部:〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-13-11-201

高島平なんでも相談室:〒175-0082東京都板橋区高島平2-32-1-102(コミュニティーカフェ・高島平駅前内)

代表者:代表理事 斉藤進

設立:2012年10月31日

Tel:03-6276-8097

Fax:03-6276-8125

URL:http://www.shukatsu.or.jp/

事業内容:終活相談業務全般、終活全般のセミナー及び相談会の企画運営、高齢者パネルへのマーケティング支援

ValuePress!より転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.