セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

不動産専門家の視点からみた相続税対策|収益不動産のプロが教える「親も子も効果の高い相続税対策術」セミナー開催

投稿日:

アフターフォローが評判の和不動産が「親も子も効果の高い相続税対策術」セミナー開催

和不動産

高い節税効果+”争族”を防ぐ+相続資産を復元できる円満な相続対策の方法とは
不動産投資コンサルティング事業を行う、アフターフォローが評判の和不動産(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:仲宗根 和徳、以下 和不動産)は、2019年8月、初心者向けに「相続税対策セミナー」を開催いたします。

【セミナー開催概要】
◆日時:令和元年8月10 (土) 13時~15時 セミナー
15時~16時 個別相談(※ご希望の方のみ)
◆場所:東京・神田 和不動産 セミナールーム
◆住所:東京都千代田区神田須田町1-7-9 VORT秋葉原maxim7F
◆アクセス:JR線「秋葉原駅」徒歩5分、JR線「神田駅」徒歩6分
◆参加費:500円(初回参加者のみ)
◆セミナー詳細・お申込み
・セミナー予約フォーム
https://nagomi-fudousan.com/seminar/study/indexdtl.html?seminar_id=277
・お電話にて受付
Tel:0120-003-753

※少人数制につき各セミナー先着順、定員になり次第締切とさせていただきます。
※セミナー内容、日時、講師等が変更となる場合がございますので、随時サイトにてご確認ください。
★その他テーマのセミナー内容詳細・スケジュール、お申し込みはこちら
https://nagomi-fudousan.com/seminar/study/
(※和不動産公式HPセミナーページに遷移いたします)
 

◆講師:和不動産 代表取締役 仲宗根和徳
1978年東京都生まれ。
法政大学経営学部卒業後、デベロッパーを経て、2011年に32歳で和不動産の代表取締役に就任。従来の不動産業界ではやらなかったこと、できなかったことに積極的に取り組み、顧客に対するユニークなアプローチを数々実践中。その取り組みが評判となりTV・雑誌・新聞と各メディアから多数取り上げられている。
2017年7月12日には、自身の初となる相続対策に特化した著書「後悔しない相続税対策は『生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション』で!」を出版し、Amazonにて不動産・不動産投資部門ほか、大手書店ランキングビジネス書部門1位を獲得。現在は、物件購入後のアフターフォローに力を入れ、年々収入が増える不動産投資をオーナー様と二人三脚で実践している。
その中で、「購入後にこんなに頑張ってくれる会社はない」と評を博している。

 

 

後悔しない相続税対策は「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション」で!後悔しない相続税対策は「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション」で!

◎後悔しない相続税対策は「生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション」で!
平成27年1月に相続税の改正が実施され、相続税対策への関心も非常に高まっている中、相続税対策の実用書も数多くあります。しかし、「相続税評価額を下げることだけを書いてある書籍」や「相続、贈与を詳しく書いた百科事典のような書籍」などが多いのが現状。
本書は具体的にどんな対策をとればいいかわからない方に向けた、「都心の築浅中古ワンルームマンション」を活用して、より多く資産を残すメソッドを紹介した一冊です。
「生前贈与」「相続時精算課税制度」や「暦年贈与」などの相続税対策のキーポイントもわかりやすく解説。
https://www.amazon.co.jp/dp/4344912705/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_.3SnDbDXE4FYG
(※Amazonページに遷移いたします)
 

大手書店にてランキング1位獲得大手書店にてランキング1位獲得

■2019年7月より相続法の改正が施行
2015年1月に相続税の基礎控除が引き下げられたことによって、課税対象者の裾野が広がったと実感されていらっしゃる方も増えているかと思います。それにより、複雑な相続の対応に迫られる方も増加、さらには遺産を巡っての親族間の争い“争族”という言葉も頻繁に聞かれるようになりました。
そのような背景もあり、この7月(一部は2020年1月)から民法の相続に関係する法律(通称:相続法)の改正が施行されています。

  1. 被相続人が自宅の相続を受けた場合に税率が軽減される「配偶者居住権」
  2. 配偶者が被相続人の所有し自身も居住する建物の相続を受けた場合に、遺産の分割がされるまでの一定期間自宅に住み続けることのできる「配偶者短期居住権」
  3. 遺言書に添付する財産目録の作成がパソコンでも可能に
  4. 自筆遺言書を利用しやすくするために法務局に保管できる制度
  5. 相続人ではない人物が被相続人の介護や看病に貢献した場合に金銭の受け取りが可能に
  6. 結婚後20年以上経過する夫婦間で、配偶者に自宅の遺贈または贈与がされた場合、原則として遺産の先渡しがされたものではないと計上される「特別受益の対象外」

今回の法律の改正は、医療が発展したことなどによる社会の高齢化で、平均寿命が延び、相続が発生するのが高齢になることから配偶者(夫、妻)を保護するために、さらには認知症になる前に遺言書を書いてもらえるよう、相続の手続きをしやすく改正が行われます。

■『争族』を防ぐ「都心築浅中古ワンルームマンション」を活用した相続税対策セミナー
~初心者歓迎!少人数制「相続税対策セミナー」開催~
2015年の税制改正されたことに伴って、多くの人が相続税対策に取り組みました。特に、相続税対策の王道とされるアパートに代表される貸家の建築は、ブームを迎えました。
地域によっては貸家の増加に対して入居者の総数が増えないために、空室ばかりとなったアパートを抱えてしまうオーナーが続出しています。

相続税改正以来、上昇している空室率相続税改正以来、上昇している空室率

このことから、相続税対策の主流であるアパート建築が「本当に有効な相続税対策」とはいえなくなり、悩みを抱いている人も増えてきました。そういった悩みを抱えている人に対し、和不動産ではひと月に1度の相続対策セミナーを開催。
「生前贈与」と「都心の築浅中古ワンルームマンション」を活用し、相続を受ける側に負担をかけずに且つ相続が「争続」となることを防ぐことのできる相続税対策の手法を、予備知識のない方でもわかり易いよう、ご紹介いたします。

■子ども目線で相続対策を一度検討しませんか

  • 相続税をたくさん払いたいですか
  • 借金を相続したいですか
  • 赤字物件を相続したいですか
  • 老朽化した物件を相続したいですか
  • 手間や“負の動産”を相続したいですか

相続する子どもたちからすれば“争い”を避けたいのはもちろん、ボロ物件、借金、管理の手間なども相続したくないはずです。
平均入居率99%超え(2018年実績)の23区築浅中古ワンルームマンションなら、様々な問題を解決しながら節税効果も抜群です。
親子双方が納得できる円満サポートをしている和不動産で、この機会に親子でセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。
特に、相続財産が5千万円以上の方は、一度相続税のシミュレーションを弊社でしてみませんか?

===================
和不動産を選ぶ12のメリット
===================
①リスクが少なく家賃収入の安定した「都心・築浅ワンルームマンション経営」をご提案
②驚異の入居率99.69%(2018年5月~2019年4月)のため、空室リスクが少ない
③相続税対策にも、税金の圧縮化効果が高い。生前贈与も可能。分割しやすい。
④アフターフォローを行うカスタマーコンサルティングに特化した部門の設置
オーナー様にとって不動産投資のゴールとは、目標や目的を達成する事だと考えております。そのため、購入後から目標達成までの長い期間を通じてオーナー様をサポートさせていただきます。
⑤コンサルティングシステム「N-RICOS」を独自開発
全オーナー様の運用成績をデータベース化し、チャート式にオーナー様の運用成績を一目でわかるような可視化を実現しました。保険の見直しや、相続税対策のシミュレーション、お金の使い方までFPのようにアドバイスし、オーナー様の目標達成の進捗管理までフルサポート致します。
⑥提携金融機関10社以上
⑦ガンになった場合、ステージ1でも完治しても残債が0になる「ガン保険付き団信」をご紹介
⑧安い賃貸管理手数料(3%+消費税)
⑨内装工事の内製化による原状回復、リフォームまでワンストップサービスによるコストダウンの実現
⑩売り主だからこその手厚い各種保証(購入後半年以内退去時の費用負担や家賃保証、購入後5年以内の家賃保証〈2カ月間の免責あり〉)
⑪毎月20回さまざまな角度からによるセミナー開催
⑫弊社代表著書を5冊出版
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
◆和不動産特設サイト「相続税・生前贈与対策は和不動産で」の概要◆
~ 相続税・生前贈与対策に関するお役立ち情報を提供しています ~
アフターフォローが評判の和不動産が運営している、不動産を活用した具体的な相続税対策や生前贈与、暦年贈与などの情報をご紹介している総合情報サイトです。
相続に関する最新ニュースをお届けする「TOPICS」や、相続に適した物件を比較で学べる「コラム」など様々な情報をお届けしており、都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した効果的な方法をご紹介しています。
・相続税・生前贈与対策は和不動産で http://nagomi-souzoku.jp/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.