セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

日本初となる相続開始後のライセンス「相続手続カウンセラー」認定事業を4月2日より開始。

投稿日:2018年4月2日 更新日:

相続手続カウンセラー協会

相続が開始した後に特化した資格を認定する、相続手続カウンセラー協会(神戸市中央区 代表理事 米田貴虎)は、大手資格専門学校の東京リーガルマインド(LEC)と提携し、相続手続カウンセラーのライセンス認定事業を4月2日(月)より開始します。 相続開始前の対策を目的とした資格は数多くありますが、相続開始後の実際に発生する手続きの対応能力をライセンス化した資格は日本初となります。また本資格は、葬儀後に必要となる108種類以上の相続手続きすべてに対応したものとなっています。

相続が開始した後に特化した資格を認定する「相続手続カウンセラー協会(神戸市中央区 代表理事 米田貴虎 )」( https://www.souzoku-c.net/ )は、大手資格専門学校の東京リーガルマインド(LEC)( http://www.lec-jp.com/)と提携し、相続手続カウンセラーのライセンス認定事業を4月2日(月)より開始します。

 

相続開始前の対策を目的とした資格は数多くありますが、相続開始後の実際に発生する手続きの対応能力をライセンス化した資格は日本初となります。また本資格は、葬儀後に必要となる108種類以上の相続手続きすべてに対応したものとなっています。

 

【ライセンス制度創設の背景】

厚生労働省によると、昨年一年間で約134万4000件の相続が発生しており、今後も避けられずに増え続けていく大相続時代(多死社会)において、「相続」はますます身近な問題となっていきます。AI化が進むなかでも、大切な家族を亡くした遺族の心に寄り添いながら、相続の問題を一緒に考え、献身的に支えることができるのは、やはり血の通った人間だけです。

 

相続人自身が高齢化し、手続きをすることが困難な状態になったり、離婚・非婚・LGBT(セクシャルマイノリティ)の増加による核家族化が血族の疎遠を招いたりする中で、相続の手続きが複雑化する傾向にあります。このような状況を踏まえた現在、相続の相談やサポートができる相談員(=カウンセラー)やサービスが求められ、相続をサポートする業者が増え続けています。

 

このようななかで「相続の仕事に関わる人に、最低限知るべき知識を提供することで、顧客に対する間違ったアドバイスを防止し、相続業界のレベルの底上げを行い、相続手続きのスペシャリストを養成すること」を目的に、当協会が立ち上げられました。

 

「相続の手続きを適切に支援することによって、争う相続や正確な情報を知らないがために発生する経済的損失を世の中から無くすこと」を目標としています。

 

既に相続手続きをサポートする事業を専門に行っている弁護士法人・司法書士法人・税理士法人・行政書士法人や、6万件以上の相談実績を持つ相続手続支援センターなどの団体の協力を得て、約20年間の実務の中で培ってきた知識・経験・ノウハウを社会還元できる体制が整いました。

 

今後も「相続業界全体で知識の共有」「常に新しい情報の習得」「多種多様な相続実務に対応できる専門家の養成」を行い、相続を通じて家族の絆が一層深まる社会をめざした活動をしていく方針です。

 

【ライセンス制度の概要】

1.対象者

・ライセンス取得を希望する弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・ファイナンシャルプランナーなど

・銀行・証券会社・保険会社・葬儀会社・介護事業者など、遺族と直に接して相続の相談にのる立場にある方

・自分の相続について正確な知識を身に付けておきたい方

 

2.他ライセンスとの違い

生前対策をメインとしたライセンスではなく、相続開始後の実務手続きに特化した講座内容となっています。108種類以上ある相続手続きのなかで、手続き頻度の高い40種類について、特に詳しく解説を行います。また知識だけではなく、実際の相談現場の状況を想定した学習も行います。

 

3.ライセンス取得方法

2018年4月2日以降、資格の総合スクールLEC東京リーガルマインドへ資格対象となるコースを申込み、191ページの公式テキストと4時間20分のDVDの講座を受講します。

※受講料:37,800円(税込)

 

その後、知識習得を証明するためのレポートと認定申請書を提出し、合格基準に達した場合に認定証が授与され、その時点で資格を取得できます。

 

4.ライセンス取得後のサポート

ライセンスの取得後、希望者は会員登録を行うことで、相続の最新情報・判例知識・ノウハウを継続的に習得できます。

※年会費:一般会員3,240円(税込)、ビジネス会員10,800円(税込)

 

[会員特典]

・セミナー・研修会・講演会への参加

・電話コンサルティング

・電子および紙ベースの各種媒体の提供

 

さらに高度で専門的な知識や技術を身に付けたい方は、上級ライセンスの習得も可能です。

 

【「相続手続カウンセラー」についての詳細情報】

「相続手続カウンセラー」についての詳しい情報は、下記ページにてご覧いただけます。

・相続手続カウンセラー協会( https://www.souzoku-c.net/ )

・LEC東京リーガルマインド「相続手続カウンセラー(SC)認定講座」( https://goo.gl/NhPx3q )

 

【お問い合わせ先】

相続手続カウンセラー協会

代表:米田 (事務局:榎倉)

TEL:078-251-7668

FAX:078-251-2065

米田携帯:090-3056-1145

E-mail:info@souzoku-c.net

 

ValuePress!より転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.