葬具・商品 葬祭ニュース

【お盆】ペット用盆ちょうちん 販売開始

投稿日:2018年7月3日 更新日:

インラビングメモリー

インラビングメモリー(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:仁部武士)が運営するペット仏壇・仏具の専門店「ディアペット」では、犬や猫などのペットを供養するための「ペット専用 盆ちょうちん」の販売を開始しました。

虹の橋ちょうちん 8,400円(税込)虹の橋ちょうちん 8,400円(税込)

 

お盆は、先祖や故人の霊が帰ってくる時期と言われています。
「ペットも人と同じようにあの世から帰ってきて、お盆の時期を自宅で過ごせたら」という飼い主の願いを叶えるため、ディアペットは日本で初めてペットの盆供養用品を本格的に開発・販売し、今年で3年目となります。

ディアペット創業当初の10年前は「犬や猫に供養の必要はない」等の否定的な意見も多くありました。
しかし、近年では「ペットも家族である」と認識されるようになり、子どものように愛情を注ぐ人も増えてきました。その結果、親密な関係であるペットを失ったことによりペットロスで苦しむ人も増え、「きちんと供養したい」と考える人が多くなっています。

昨年は1000台以上の盆ちょうちんが早々に完売し、追加生産をしても間に合わない状況でした。今年は、全16種だったものを22種に増やし、岐阜や福岡の職人とも連携を図り、安定的に供給できる体制を整えました。

たとえ姿かたちが見えなくても、お盆にはペットと一緒に過ごしたい。そんな飼い主の想いを叶えます。

 

お迎えちょうちん 17,280円(税込)お迎えちょうちん 17,280円(税込)

 

 

◆ペット提灯とは◆

  1. 通常のちょうちん(ご先祖様用)より小さめ
  2. かわいいデザイン
  3. 安心の日本製

・ペット仏壇や仏具は人のものよりも小さめサイズ。それに合わせて、ちょうちんも小さめに作っています。

・かわいい存在であるペットだからこそ、足あとマークなどでペットらしさを表現しています。

・ペットは大事な家族、だから品質にはこだわっています。ちょうちんで有名な福岡県八女市、岐阜県岐阜市で職人がひとつずつ手作りした本格的なもの。人の盆供養に使われるちょうちんとまったく同じ作りで、和紙などの材料にもこだわっています。

◆ご購入者様の声◆

見つけた瞬間一目惚れでした!お盆のちょっと前に一周忌を迎える我が子のために注文しました。

ふんわりとした雰囲気で手作り感がとても伝わってきました。日本伝統の提灯という文化って素晴らしいものですね。これでうちの子も迷わず帰ってきてくれると思います♪

スタッフさんの一言メッセージもうれしくて我が家のわんこの名前が入った一言をみて思わず涙が出ました。

わんこも人と同じように大切な家族です。いろいろしてあげたいのは当然ですよね。

これからもディアペットさんのグッズでかわいく供養してあげたいと思います。またよろしくお願いします。
(2017.4.23 ディアペット楽天市場店商品レビューより 匿名様より)

◆ペット仏壇・仏具のディアペットについて◆
ペット仏壇・仏具業界ではシェアNo.1、圧倒的存在感を放つリーディングカンパニー。

10年間で延べ7万人以上のペット供養をサポートしてきました。
オンラインショップ(楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazon・本店)のほかに、ペット仏壇・仏具専門店として日本で唯一、店舗展開(東京・大阪・名古屋・さいたま)をするなど、ペット供養について真剣に考え、辛い思いをした方のサポートをしています。

スタッフは全員ペット飼育経験があり、ペットロス経験者も多数、動物葬祭ディレクター資格も所有しています。

近年では「ディアペットいのちのバトンプロジェクト」と題し、ペットを亡くしたことで残ってしまったフードやシーツなどを保護犬・保護猫団体に寄付する活動なども行っています。
人と同じようにペットを想い偲び、供養することが自然だと思える世の中になれば、ペットを亡くし辛く悲しい思いをしている方も、周囲の理解の中で立ち直っていけるはずです。そして、人も動物も命を謳歌し、幸せに暮らしていける社会を目指しています。

 

【運営会社】

インラビングメモリー
埼玉県さいたま市見沼区東大宮2-38-6
TEL:048-661-2100(ディアペット直通)

 

オンラインショップ:https://pet-inori.com/
ディアペット店舗:http://dearpet.memorial/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-葬具・商品, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.