葬具・商品 葬祭ニュース

火をつけると“ポジティブワード”が浮き出てくるお香 『沢山のおはなし』新発売!

投稿日:2017年5月17日 更新日:

丸叶むらた

創業300年超、線香・ろうそくの企画開発をおこなっている、丸叶むらた(まるかのうむらた、所在地:埼玉県桶川市、代表取締役社長:村田 太吾)は、火をつけると元気の出る言葉が浮き出てくるお香『沢山のおはなし』を発売いたしました。
また、『沢山のおはなし』の浮き出る言葉を当社ホームページにて募集を開始いたしました。

『沢山のおはなし』商品パッケージ 
『沢山のおはなし』商品パッケージ

『沢山のおはなし』
http://www.marukanou.com/item/25202/

■開発の背景
仏事事を省略したり、仕方なくやるような方が増えてきてしまっている事に危機感を感じ、少しでも前向きに、お線香を供えるのを楽しみにしてほしいという想いから開発にいたりました。

仏様、大好きだったあの方とおはなしを楽しむように、手を合わせて欲しいという願いを込め、地味で無難、古い慣習にとらわれがちな仏具業界に、若い世代の人も抵抗なく入ってこられるように、明るく前向きなイメージでおしゃれな和風雑貨としても使用してもらいたいと考え開発した商品です。
また、香りに関しても工夫を凝らしているため、「お線香臭い」という、お線香のネガティブなイメージを払拭し、若い世代の人が望んで自分の意志で仏壇前で手を合わせたくなってもらえるのではと考えています。

■商品の特長
◎占い感覚でランダムに現れる16種類の“ポジティブワード”
お香に火をつけると16種類の元気の出る言葉が出てきます。16本それぞれ違う言葉で、火をつけるまでどの言葉が出てくるか分かりません。占いのような感覚でお香を楽しめます。ご先祖さまと、大好きだったあの人と、会話を楽しむようにお使いいただけます。プレゼントにも最適です。
<文字の浮き出る様子>
https://www.atpress.ne.jp/releases/128540/img_128540_2.jpg

◎しゃぼんの甘い香りと少ない煙で一人暮らしの狭い部屋でもOK
天国にいるあの方への想いがしゃぼん玉にのって届くようにしゃぼんの香りとしています。
仏具としてのお線香に抵抗がある若い世代にもしゃぼんの甘い香りで煙も少ないので馴染みやすいです。

■商品概要
名称   : 沢山のおはなし
価格   : 1,296円(税込)
本数   : 16本
燃焼時間 : 約30分
個箱寸法 : 60×100×15
煙の量  : 極少
香り   : しゃぼんの爽やかな香り
       合成香料をほとんど使わずに天然香料中心に調合しました。
       お香感覚で楽しめる香りです。
販売ページ: http://www.marukanou.com/item/25202/

<浮き出てくる言葉>
・明日天気になあれ
・元気を出して
・いつもありがとう
・しあわせ など
https://www.atpress.ne.jp/releases/128540/img_128540_2.jpg

<商品パッケージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/128540/img_128540_1.jpg

■元気の出る言葉を募集中
浮き出る文字の16種類は定期的に変わる予定です。随時、浮き出る言葉を当社ホームページにて募集しています。
http://www.marukanou.co.jp/campaign.html

■今後の展望
“浮き出る文字”はストレスの多い現代社会を少しでも勇気づける10文字以内の言葉。みなさまからこんな言葉が欲しいというものを募集し、定期的に言葉を変えてシリーズ化していきたいと思っています。
これまででは考えられなかったような犯罪の増加は、仏事事の簡略化に原因があると言っても過言ではないと思っております。この商品を通してご先祖さまとのつながりを感じてもらい日本人ならではの価値観を再認識することでそういった犯罪が減少すると信じています。

■企業概要
商号  :丸叶むらた
本社  :〒363-0016 埼玉県桶川市寿1-11-10
代表者 :代表取締役社長 村田 太吾
創業  :宝永5年(1708年)
事業内容:線香・ろうそく企画開発

コーポレートサイト: http://www.marukanou.co.jp
WEBストア     : http://www.marukanou.com/

@prssより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-葬具・商品, 葬祭ニュース
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.