業務提携・買収・新店オープン 葬祭ニュース

リコー、サマンサ・ホームステージングと提携

投稿日:2018年12月6日 更新日:

リコー

ホームステージング*¹をVR(仮想現実)で実現する「RICOH360 - VRステージング」を展開するリコーは、日本におけるホームステージング事業の先駆けであり、片付けから家具レンタルまでトータルでホームステージングを手掛けるサマンサ・ホームステージングとの業務提携を12月1日に開始いたしました。

今回の業務提携を機に、サマンサ・ホームステージングは、リコーが提供する「RICOH360 - VRステージング」を活用した、バーチャルでのホームステージングサービスの提供を開始します。

■「RICOH360 - VRステージング」のクオリティがもたらした提携
「RICOH360 - VRステージング」は、リリース時からクオリティの追求に力を入れて参りました。本物に近い家具や小物のCGを配置できることで、片付けから家具レンタルまでトータルでホームステージングを展開し、月間100件以上の実績があるサマンサ・ホームステージングとの提携が実現いたしました。■ホームステージングで実現できること
2017年、「ホームステージング元年」という言葉が関係する業界で飛び交いました。2018年現在、不動産業界でもホームステージング専用の部署を設ける企業が増えつつあり、日本国内でも広がりを見せています。物件にホームステージングを施すことで、賃貸契約や購入を検討されているお客様は、部屋の具体的な活用イメージや魅力的な空間イメージを掴みやすくなり、効率的に物件を探すことができます。不動産業者や物件の売却を検討されている方は、ホームステージングによって物件の価値をさらに高め、集客の促進や早期契約につなげやすくなります。■「RICOH360 - VRステージング」とは
「RICOH360 - VRステージング」は、360°の全天球イメージをお客様のWebサイトに表示できる法人向けクラウドサービス「THETA 360.biz」を活用したサービスです。リコーの全天球カメラ「RICOH THETA」で撮影した360°の空室物件画像に、リアリティを追求した家具や小物のCGを仮想的に配置して表示することで、部屋の具体的な活用イメージや魅力的な空間イメージを360°で閲覧できます。バーチャルで様々なパターンや豪華な装飾を配置しての提案が可能なため、物件に実物の家具を配置する従来のホームステージングに比べて、低コストで簡単にご利用いただけます。ホームステージングの新しい形として、家具などのインテリアをバーチャルで表現する「RICOH360 - VRステージング」が加わることで、ホームステージング導入の選択肢が広がります。

リコーはサマンサ・ホームステージングとの提携をきっかけに、「RICOH360 - VRステージング」の提供を加速させていきます。

*1 日本ホームステージング協会は、快適な住まいと暮らしを実現するための様々な問題を専知識と技術で解決することで、住まいの価値や暮らしの質を高めることをホームステージングと定義しています。

※「RICOH360 - VRステージング」事例写真

※記載の会社名、製品名、サービス名は、各社の商号、商標または登録商標です。

「RICOH360 - VRステージング」
https://theta360.biz/ja/services/vrstaging

| サマンサ・ホームステージングについて |
サマンサ・ホームステージングは、引っ越しの梱包と片付け専門の会社として2011年に設立しました。依頼を受けるなかで、「家を売却するための片付けをして欲しい」というお客様からのご相談から、現在のホームステージング事業が始まりました。「ホームステージング=住まいの価値や暮らしの質を高めるサービスの全て」であるとの考えのもと、空室のホームステージング(家具レンタル)だけでなく、本来の得意分野でもある居住中物件のホームステージング(片付け)や残置物撤去、遺品整理などトータルなサービスで、より住まいの価値を高めることを目指しています。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。http://samantha-hs.com/

| リコーグループについて |
リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく”をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。 http://jp.ricoh.com/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-業務提携・買収・新店オープン, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.