アンケート調査・Q&A 葬祭ニュース

室内墓に関するアンケート調査を実施

投稿日:2017年8月17日 更新日:

室内墓の認知度は未だ低いが、若年層になるにつれて抵抗感が薄れている傾向

全石協
石材業界唯一の経済産業省公認団体「全国石製品協同組合(以下 全石協)(東京都港区、理事長 太田明)」は、都市部に増加している“室内墓”についてのアンケート調査を実施し、得られた回答結果の概要をまとめました。

【アンケート結果サマリー】
◇回答者の76.4%が室内墓を知らないと回答。また回答者の80.5%が室内墓に入ることを希望していない
◇女性の方が、室内墓に対する認知度や肯定的な回答が多く、年代別では、若年層になるに従って、室内墓に対する抵抗感が薄れる傾向。地域別には東北・北陸が若干室内墓に関して肯定的な意見が多い
◇形式別に室内墓に求めることとして、ロッカー形式の室内墓は48.4%が永代供養であってほしいと答え、自動搬送式の室内墓は49.3%が代々継承するお墓であった欲しいと回答

 

― お墓に関するアンケート調査概要 ―

【調査対象】全国30代以上男女
【調査期間】2017年7月1日~7月11日
【調査方法】インターネット調査
【有効サンプル数】3,309名

 

【調査結果】

■「室内墓」を知っていますか?

形式が複数ある「室内墓」について、「室内墓」を知っているか?どの形式の室内墓を知っているか?という質問に対し、“知らない”という回答が最も多く76.4%、 “自動搬送式”を知っているという回答が9.5%、“室内に建てる”ことは知っているという回答が7.3%、さらに“ロッカー形式”を知っているという回答が6.9%となった。一方、室内墓に入りたいかという質問に対し、“どれも入りたくない”という回答が80.5%となりました。

 

 

■室内墓に入りたくない回答者の属性比較

“室内墓に入りたくない”と回答した割合を属性で比較すると、男女では、女性(73.9%)の方が男性(82.3%)に比べ室内墓に肯定的な回答が若干強く、年代別では、若年層になるに従って肯定的な回答が多くなる傾向が見られました。また、地域別では、東北(71.5%)・北陸(66.9%)が比較的室内墓に肯定的な意見が若干強い傾向にあることが分かりました。
 

 

■室内墓で希望するシステムは何ですか?

室内墓を求める人に、希望するシステムを聞いたところ、ロッカー形式では、永代供養(期限付きの供養)を希望する回答者が48.4%と多く、自動搬送式では、通常のお墓同様代々お墓を継承して行くシステムを希望する回答者が49.3%と多いことが分かりました。

 

 

《まとめ》

消費者にとって室内墓という形態のお墓は、まだまだ認知が低く、知らないがゆえに積極的に希望する人が少ないことが分かりました。男女を比べると、女性の方が室内墓に対する認知度や肯定的な回答が多いことから、女性の方がお墓についての知識や意識が高い傾向にあることが想定できます。年代別では、若年層になるに従い室内墓に対する抵抗感が薄れる傾向があり、またエリアでは、東北・北陸など積雪が多い地域に肯定的な意見が多く、この地域での室内墓の需要が存在することを示唆しているのではないかと分析できます。

形式でみると、ロッカー形式の室内墓は永代供養、自動搬送式の室内墓は代々継承するお墓という消費者の認識や希望があることから、特に自動搬送式の室内墓について、施設自体の永続性に関する問題解決の必要性が浮き彫りとなりました。

 

 

◆「全国石製品協同組合」(全石協)とは

全国石製品協同組合(全石協)は、全国47都道府県の石材会社及び同関連会社が結集し強力な組織化と連携のもと石材業界の指導的役割を担うとともに、消費者ニーズへの的確な対応と石材業界の健全な発展を目指す団体です。全国石製品協同組合では、日本人が大切にしてきた供養文化を守るべく、消費者に正確な情報をご提供し、石材業界の健全な発展を目指してまいります。

【商号】  全国石製品協同組合(経済産業省認可 2012004情第5号)
【設立】  2012年11月22日
【所在地】 東京都港区芝大門2丁目9番14号5階
【運営サイト】 いいお墓探し!お墓の引越しドットコム http://www.ohakanohikkoshi.com/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-アンケート調査・Q&A, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.