アンケート調査・Q&A 葬祭ニュース

誤ったお手入れは痛みのもと!お盆はお墓のコンディションチェックを

投稿日:2017年8月9日 更新日:

~1年間のお墓のメンテナンスサービスの受注件数が3,500件以上に~

メモリアルアートの大野屋

お盆(8月13日~16日)は、亡くなったご先祖様が自宅に帰ってくる行事といわれ、家族や親戚が集まり、故人を偲んでお墓や仏壇にお参りをします。仏事関連総合サービスのメモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可)が、お墓のプロフェッショナルとして、お墓参りでチェックしたいポイントをご紹介します。

■お墓のコンディションチェックポイント 

  • 石と石の間を接着している目地が切れていないか、石碑や外柵、墓誌などをチェック。
  • 目地や金具の経年劣化が進むと、地震などで倒壊する恐れがあります。お参りのたびにチェックしましょう。
  • 石碑のズレ、傾き、ぐらつきがないかを確認。(ズレの確認にはメジャーを持っていくと便利)
  • 塔婆立てのぐらつきがないかを確認。
  • 墓誌、灯籠のぐらつきを確認。古い墓誌は彫刻をする際に取り外しできることを前提に作っているものが多く、
  • 地震の際にずれやすくなっているので注意が必要です。
  • 石材の汚れやシミがないかを確認。柔らかい布で落ちない汚れは、無理に落とすと墓石を痛めます。

=================================================
~お墓にお酒やジュースはかけないで!~

お墓は天然の石で出来ていますので意外にデリケートなものです。お墓にお酒やジュースをかけると、石が変色する恐れがありますので、故人の好物をお供えしたい場合は、墓前に供える事ををおすすめします。そして、お供えした後は鳥がちらかしたり、墓石のシミにならないよう、お花以外のお供え物は持ち帰りましょう。

その他、「正しいお墓参りの仕方」動画は下記よりご覧いただけます。

 

=================================================

■お墓のメンテナンス ~年間3,500件以上の受注実績~
メモリアルアートの大野屋では、業界に先駆けて「お墓のメンテナンス課」を設け、クリーニングや修理リフォーム、 免震対策サービスをご提供しています。お墓のヒビやぐらつき、落ちない汚れを見つけたときは、お墓のプロにメンテナンスをお任せください。お墓のメンテナンスに関するニーズは近年高まりを見せており、直近1年間(2016年7月~2017年8月)のお墓のメンテナンスサービス受注件数は3,500件以上(2017年7月発表)を記録しています。

<墓石クリーニング>

 

お墓は、長い間、雨や風にさらされて、すすけ、コケ、水アカなどで、汚れが目立ってきます。大野屋の墓石クリーニングは、お墓専門の クリーニングスタッフにより行います。まずは弱酸性の洗浄剤を刷毛で丁寧に塗布していきます。その後、低圧コンプレッサーで洗い流します。水圧で汚れを落とすのではなく、やさしい水圧で洗浄剤を流すので、目地などを壊すことはありません。洗浄剤は弱酸性ですが、人体、動物、植物にも無害で安全なものを使用しています。水アカ・黒ずみ・エフロ(白華現象)などの固着は手作業で洗浄します。

<免震施工>
大野屋は1996年に墓石用接着剤「メモリアル96」(特許取得)を開発、2010年11月には、接着性を約10%増加させ、環境面・健康面にも配慮した改良版「メモリアル96EX10」を導入しました。今ある墓石をいったん解体し、石と石の間を「メモリアル96EX10」で接着します。
「メモリアル96EX10」は、耐震試験において震度7(阪神・淡路大震災クラス)の横揺れ、縦揺れに対応し、また、他社同等接着剤に比べて接着力が高く、劣化条件下での耐久性も良好な検証結果が得られています。1996年10月から約5万件の施工実績がありますが、現在まで1件の異常も見つかっておりません。

<ヒカリコーティング>
「ヒカリコーティング」は、光触媒を利用したコーティング技術です。光触媒とは、太陽や蛍光灯 などの光が当たると、その表面で強力な酸化力が生まれ、接触してくる有害物質を除去できる環境浄化材料です。付着した汚れとコー   ティング面の間に雨水が浸透し、汚れを浮き上がらせて洗い流すセルフクリーニング作用で、従来のタワシなどでの  こすり洗いが不要なため、石本来の光沢や風合いを保つことができます。また、水を含ませた布やスポンジで撫でる ように洗うだけで汚れが落ちるので、お墓参りのたびに行うお墓掃除も簡単にできます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
― メモリアルアートの大野屋の仏事相談(無料)/情報提供について ―
メモリアルアートの大野屋の仏事相談(無料)/情報提供について ―
◎仏事の相談窓口「大野屋テレホンセンター」TEL:0120-02-8888(年中無休9:00~20:00)
◎「メモリアルアートの大野屋HP」(http://www.ohnoya.co.jp
→「仏事まめ百科」、「仏事Q&A」(よくある質問と回答をご紹介)
◎「メモリアルアートの大野屋 Facebook」(http://www.facebook.com/ohnoya
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

============================================================
メモリアルアートの大野屋は、1939年に石材店として創業以来78年にわたり、
お葬式、お墓、手元供養、無料仏事相談など、仏事に関する総合サービスを提供しています。
ホームページ http://www.ohnoya.co.jp/ フェイスブック http://www.facebook.com/ohnoya
============================================================

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-アンケート調査・Q&A, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.