セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

学研が取組む究極の「地域包括ケアシステム事業」の展開【JPIセミナー7月31日(水)開催】

投稿日:

目睫の間に迫る2025年問題に備える~シニア向けビジネスの可能性 創業の想い 新たな付加価値の追究 マーケットイン~

日本計画研究所

日本計画研究所は、学研ココファンホールディングス 経営企画部 伊藤 敦史 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。
セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。
〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/14654

〔タイトル〕
目睫の間に迫る2025年問題に備える
学研が取組む究極の「地域包括ケアシステム事業」の展開
~シニア向けビジネスの可能性 創業の想い 新たな付加価値の追究 マーケットイン~

〔講義概要〕
「戦後の復興は、教育をおいてほかにない」という創業者の信念のもと、昭和21年に創業した学研グループ。創業以来「出版事業」を業としてきた同社だが、現在、その基軸には「教育」と「医療福祉」を据える。特に医療福祉サービス事業に関しては、少子化とともにかつての基幹事業の市場が縮小し競争が激化する中、創業の想いを胸に立ち上げた新規事業で、政府をも動かし、今、学研グループの花形事業に成長している。 事業拡大にあたり、ビジネスの原理原則では水平展開が基本だが、企業理念の実現、そして0歳から100歳を超える高齢者まで、多世代が支え合いながら地域の中で安心して暮らし続けられる街の実現を目指し、学研グループは現在、すべての世代の人々を対象に様々なサービスを展開している。
 

JPIカンファレンススクエアJPIカンファレンススクエア

〔講義項目〕
1.学研グループとは
 (1)会社概要        
 (2)セグメント制への移行
 (3)提供するサービス    
 (4)中期経営計画
2.学研の創業
 (1)創業の想い       
 (2)学校直販制のスタート
 (3)訪問販売への転換    
 (4)株式上場
3.多角化と原点回帰
 (1)多角化         
 (2)モノからサービスへ
 (3)教室事業        
 (4)コンテンツ創造企業へ
4.医療福祉事業への進出
 (1)創業者の遺言      
 (2)新規事業創出の背景
 (3)サービス付き高齢者向け住宅の誕生
 (4)ポートフォリオの転換
5.拠点拡大とM&A
 (1)ドミナント戦略      
 (2)機能戦略
 (3)資産は人財
6.サービス提供量の拡大と新たな付加価値の創出
 (1)サービス拡大と更なる品質の向上
 (2)学研版「地域包括ケアシステム」
 (3)新規事業創出の指標と新たな事業への取組み
7.関 連 質 疑 応 答
8.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕学研ココファンホールディングス 経営企画部 伊藤 敦史 氏

〔開催日時〕2019年07月31日(水)  13:30 - 15:30 

〔会  場〕  港区南麻布/JPIカンファレンススクエア https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕
▶民間参加費 1名 : 32,770円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,770円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待
(ホームページからのお申込みに限る。)
 

【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  http://www.jpi.co.jp

 

【JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.