サービス 葬祭ニュース

三味線ドットLINKが不要三味線の引取りを本格開始  処分に困った三味線を引き取ってリサイクル。和楽器の普及に役立てます。

投稿日:2018年12月10日 更新日:

三味線ドットLINK

三味線のリサイクルを手掛ける三味線ドットLINK(千葉県松戸市)は、遺品整理などで不要になった三味線の引き取りを2018年12月11日(火)より本格開始します。

 

http://shamisen.link/​ ​​

 

「高齢になって三味線を弾けなくなった」「祖母が大切にしていた三味線を処分したいが捨てるに捨てられない」…高齢化社会の進行にともない、そのような声が次第に増しています。修理すれば使えるにもかかわらず、皮が破れているために廃棄されている三味線も少なくないのが現状です。

 

いっぽうで、三味線をはじめたいが「新品は高価でとても手がでない」「中古の三味線を入手する方法がわからない」という声もよく耳にします。三味線ドットLINKは、引き取った三味線を専門店に依頼して修理し、新たな所有者のもとで蘇らせることで和楽器の普及に役立てます。

 

使われなくなった三味線は首都圏であれば出張料不要で受け取りに出向くほか、宅配での引き取りも行います。皮が破れていない修理不要なもの、また人気のある太棹(津軽三味線)については買取りも可能です。

 

今後は引き取った三味線をショールームに並べ、来客者が手に取り実際に弾いて体験できるような事業を、さらには外国人観光客に日本の和楽器を知ってもらい、グローバルに普及することもめざします。

 

【三味線リサイクルの三味線ドットLINK】

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸4-270-B-608

Tel:047-346-7761

Fax:020-4622-2007

URL:http://shamisen.link/

事業内容:三味線および関連品のリサイクルと普及

古物商許可:千葉県公安委員会第441070002519号

ValuePress!より転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.