遺体冷蔵庫、遺体冷却装置・商材 企業紹介

㐧一衛材株式会社

投稿日:2019年6月3日 更新日:

企業紹介

㐧一衛材 サイトトップページ

香川県観音寺市の吸水体製品総合メーカー。葬儀専用吸収物品ブランド「しらゆり」を展開する。

50年以上の吸水体製品開発・製造の経験を活かして立ち上げた葬儀専用吸収物品ブランド「しらゆり」の商品ラインナップには、葬儀時のドライアイスを包むための「ドライアイスシート」、シートよりも簡単に短時間で包める「ドライアイス袋」、棺や布団に敷いて水分・臭いを吸収する「吸水シーツ60×190」等がある。「しらゆり」を通じ、便利さ・快適さ・清潔さを顧客へ提供する。

 

会社概要

社名㐧一衛材
代表者名代表取締役社長 星川光宏
住所〒769-1696 香川県観音寺市豊浜町和田浜1610-2
事業内容大人用紙おむつ、生理用ナプキン、ペットケア関連製品、ディスポタイプ(使い捨て)製品、産業資材製品(油吸着材、鮮度保持シート、ドリップ吸収シート)、各種ギフト用品などの商品開発、製造、販売
創立昭和40年(1965年) 12月
資本金4,500万円
従業員数210名(内パート50名)【平成27年4月1日現在】

 

本社地図

 

 

製品例紹介

 

葬儀専用吸収物品ブランド「しらゆり」

 

しらゆり ドライアイスシート/ドライアイス袋

 

しらゆり 吸水シーツ

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-遺体冷蔵庫、遺体冷却装置・商材, 企業紹介

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.