サービス 葬祭ニュース

フランセス・メモリアルが展開するペットの終活の需要拡大

投稿日:2018年4月12日 更新日:

イベントでわかるペットとの終生共存・共生の意義

 こころ音
「ペット終活」に特化させ、日本で唯一のペット専門セレモニー会場、フランセス・メモリアルを運営するこころ音(所在地:東京都八王子市 代表取締役:佐藤 儀範)は、2018年3月29日(木)~4月1日(日)までの4日間にわたり開催された出展者数22か国502社、総入場者数42,066名という国内最大級のペット展示会「インターペット」内、「ワンニャンハウジングスクエア」にてペット終活相談ブースを出展、さらにペットの終活についてのセミナーを実施いたしました。

【ワンニャンハウジングスクエア】
ペットライフデザイン協会が主催する「ペットと一緒に、安心かつオシャレに暮らす」をペットと一緒に見て、聞いて、感じることの出来るショールームです。ペット共生の「住まい方」をテーマに、共生環境の変遷と新しい手法・ノウハウをご紹介します。アーティスティックに仕上げた工夫や商品提案、専門スタッフによる安心・快適な暮らしのアドバイス、「暮らしのミニセミナー」を実施しました。

【ペットとの終生共生・共存におけるペット終活】
人とペットとのライフスタイルはハッピーなことだけではありません。どんなに気を付けていても、逃れられない別れが待っています。ペット共生の「住まい方」を追及するからこそ、「ペットの死との向き合い方」、「それまでの準備や心構え」は非常に重要なポイントです。2018年から加わったペット終活ブースは他のセミナータイトルやブースと比べても異質な存在でしたが、多くの方から反響をいただき、セミナーも毎回満席になるほどの盛況さとなりました。

以下、ご来場者様からいただいた意見の一部です。
・終活を考えるいい機会になった 30代 女性

・見送りの仕方を考えていたので、相談できて良かった 50代 女性

・自分もしくは犬が一緒に住めなくなった場合のことを教えてもらえてよかった 60代 男性

・今度色々な霊園に見学に行ってみようと思った 40代 女性

・終活は死のことだけを考えるのではないと知れた 30代 男性

・先代の子に何もしてあげられなかったから、前向きに終活をしている 40代 男性

【フランセス・メモリアル 4月のイベント参加情報】

ペット終活ブースを設置。
ペットとのライフワークの中のペット終活をアピール。

本リリースについてのお問合せ
マーケティングセバスチャン
担当:阿部
TEL:03-6303-1103
FAX:03-5434-5587
E-mail:abe@mksjapan.com

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-サービス, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.