業務提携・買収・新店オープン セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

終活雑誌「ソナエ」最新号は「相続の切り札・生命保険」

投稿日:2017年9月15日 更新日:

非課税枠が大きい生命保険 受取人指定で「争族」も防止

産経新聞社

産経新聞社が発行する終活季刊誌「ソナエ」2017年秋号では、終活の視点から生命保険を見直し、その活用法を徹底研究します。また遠い郷里で暮らす老親を都会に呼び寄せるためのノウハウについても伝授します。9月19日(火)発売です。

・特集「相続の切り札・生命保険」
生命保険は相続税の非課税枠が「500万円×法定相続人の人数」と非常に大きく、遺産総額が同じでも相続税をゼロにできる場合もあります。また掛け金を贈与することが容易であるほか、受取人の指定で相続人同士が争う「争族」を回避することもできます。ほかにも、生存給付金や少額短期保険の活用法など、遺族に喜ばれる生命保険の「お得ポイント」を幅広く解説します。生命保険活用名人・せんだみつおさんのインタビューも掲載しています。

・本気で考える「親子で近居」
遠い郷里で一人暮らしをする老親は心配なもの。実際、親世代も健康不安などを抱えて心細いはず。しかし、同居や二世帯住宅はハードルが高いのも事実。そこで親を近所に呼び寄せる「近居」が俄然注目されています。近居をサポートするサービスが登場する一方で、高齢者は賃貸住宅を借りにくいなどの困難もあります。近居のノウハウを伝授するとともに、近居に潜む課題を浮かび上がらせます。

ほかにも ☆シンガー・ソングライター、岡村孝子さんインタビュー
☆認知症とも深い関連「老年うつ病」の危険
☆105歳まで現役医師を通した日野原重明さんの「病院葬」
☆弔問エチケット完全ガイド「喪服のコーディネート」(宮沢りえさん、蒼井優さん、南野陽子さんら      著名人の装いチェックも)など盛りだくさんです。

【ソナエ】
「終活読本ソナエ」は平成25年に創刊された日本で初めての終活専門の季刊誌です。葬儀・お墓・保険・遺言・エンディングノート・老齢資金…いつか迎える「その時」の憂いをなくし、人生を美しく仕上げるための情報をあらゆる角度から提供します。年4回発行。2017年秋号は840円(税別)。お求めは全国の主要書店、アマゾンで。ソナエ公式サイトhttps://sonae.sankei.co.jp/about/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-業務提携・買収・新店オープン, セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.