遺品整理 企業紹介

クリーンキューブ(株式会社小松急送)

投稿日:

企業紹介

クリーンキューブ サイトトップページ

1980年設立の小松急送が運営する遺品整理、不用品処分、片づけ等のサービス。

東京都八王子市を拠点に、関東全域に対応。遺品整理士認定協会の法人会員であり、資格を持つ遺品整理が在籍。運営会社の小松急送とグループ会社の総合力で複合的で高品質なサービスを提供している。

 

会社概要

社名小松急送
代表者名小松 政人
住所東京都八王子市館町1091-1
事業内容遺品整理、お部屋の片付け、住居の片付け、賃貸住宅残置物撤去、ハウスクリーニング、リフォーム、運送業、引越業、梱包包装業、倉庫業、損害保険代理業、労働者人材派遣事業、左記に付帯する一切の業務
創立1980年(昭和55年)9月
資本金2,000万円
従業員数65名(グループ全体 約200名)2013年4月現在

 

本社地図

 

 

サービス紹介

 

遺品整理

料金は1Kで70,000円から。基本料金には貴重品検索にかかる作業費、分別にかかる作業費、搬出にかかる人件費、運搬にかかる車両代金、清掃費用が含まれる。実際の合計金額は、作業費用(基本料金+オプション費用)+廃棄費用-リサイクル品買取相当額で決まる。

作業の流れは、問合せ→事前見積り・作業内容の打ち合わせ→契約→現場作業実施→作業終了後の清掃→現場作業完了確認→支払い→形見分けの梱包・発送。

エアコン、風呂釜・風呂桶等の撤去、車両の廃車手続き、家屋の解体、消臭・消毒作業、家具等の一時預かり、仏壇の供養なども希望があればオプションで対応する。

事前見積りおよび作業実施時に立ち会うことができない場合は、依頼者の信頼のもとで現場のカギを預かり作業を行う「信頼お任せパック」も利用可能。作業完了後には作業現場の写真を送り、打ち合わせに沿った作業が行われたかを確認する。

 

エンディング準備支援

生前整理のサポートを行う。サービス内容は、必需品を手作業で検索、思い出の品を手作業で検索、不用品の整理、生前の形見分け品の梱包・発送、作業終了後の清掃。必要に応じてオプションでリフォーム作業も対応可能。

 

老人ホーム入居準備

老人ホーム・ケアハウスに入居することになった、長期入院することになった、息子家で同居することになった、などこれまでの住まいの荷物を整理したいときのサポートを行う。サービス内容は、新たな生活に必要なもののピックアップ、譲渡品の梱包・発送、不用品の整理、リサイクル品の見積り、作業終了後の清掃。その他オプションで、エアコン・風呂釜・風呂桶等の撤去、車両の廃車手続き、家屋の解体、消臭・消毒作業、家具等の一時預かり、仏壇の供養なども対応可能。

 

不用品の処分

いつのまにか溜まってしまった不用品や、粗大ごみとして処分できない大きな不用品などを処分したい場合に対応。

 

ごみ屋敷の解決

社会問題化しているごみ屋敷・ごみマンションなど、どんなにごみが多くてもプロが1日で片づけを行う。ごみ撤去後のハウスクリーニングも対応可能。ごみ屋敷の遺品整理にも対応。

 

東京都での遺品整理についてはこちらもご覧ください
遺品整理業者を比較【東京編】

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-遺品整理, 企業紹介

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.